生年月日データベース

松尾和子まつおかずこ

歌手[日本]

1935年 5月17日

1992年 9月25日 死去享年58歳

松尾 和子(まつお かずこ、1935年5月17日 - 1992年9月25日)は、日本の歌手。
東京都大田区蒲田生まれ、箱根育ち。
戦後、ジャズに惹かれたことと自身及び家族の生活のために歌手となり、レイモンド・コンデのバンド、ゲイ・セプテットの専属歌手のひとりとなる。
進駐軍のキャンプやナイトクラブ等で歌ううち、徐々に人気が上がっていき、やがて、赤坂のクラブ・リキ(力道山が経営していた)の専属歌手となり歌っていたときに、フランク永井に認められスカウト。
吉田正に紹介されて、ビクターに入社。
1959年には「グッド・ナイト/東京ナイト・クラブ」でレコードデビュー。
「グッド~」は和田弘とマヒナスターズ、「東京~」はフランク永井との共唱。
当時はベテラン/人気歌手でも片面は他の歌手である場合が多く、ビクター及び吉田正の期待の程が窺える。
第2弾として発売した「誰よりも君を愛す」(マヒナとの共唱)が大ヒットし、それと共に「グッド~」もつられる形でヒット、「誰よりも~」は第2回レコード大賞を受賞、「東京ナイト~」はその後長らくデュエットソングの定番として根強い人気を博し、松尾の名は一躍スターダムへとのし上がり、後にムード歌謡の女王と称されるようになった。

映像作品

歌手。(1935-1992) 東京都出身。 米軍キャンプで歌ったのち、歌手へ。 1960年和田弘とマヒナスターズと一緒に歌った「誰よりも君を愛す」で日本レコード大賞を受賞。 その後、「ムード歌謡の女王」としてムード歌謡中心に歌った。 しかし、後半生は不幸が相次ぎ、1992年に自宅の階段にすべり落ちてしまい、この世を去った。 代表曲に「東京ナイトクラブ」「再会」「お座敷小唄」など (引用元 Hatena Keyword)