生年月日データベース

秋山ちえ子あきやまちえこ

評論家エッセイスト、ラジオパーソナリティ[日本]

1917年 1月12日

2016年 4月6日 死去肺炎享年100歳
 - ウィキペディアより引用

秋山 ちえ子(あきやま ちえこ、1917年(大正6年)1月12日 - 2016年(平成28年)4月6日)は、日本のラジオパーソナリティ、エッセイスト、評論家。
本名、橘川ちゑ(きっかわ ちえ)。
来歴・人物 宮城県仙台市出身。
東京女子高等師範学校(現:お茶の水女子大学)を卒業後、聾唖学校の教師となる。
この時、取材に訪れた川端康成と知り合い、北条誠を川端に紹介する。
結婚後、中華人民共和国に4年滞在。
1948年(昭和23年)から1956年(昭和31年)まで、NHKラジオ番組『私の見たこと、聞いたこと』のレポーターを担当し、主婦の視点から見た日本の現状をわかりやすく説明した。
1954年(昭和29年)にラジオ番組「私の見たこと聞いたこと」で第2回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞(書籍ではなく、ラジオに対しての授与)。
その後ラジオ東京(現TBSラジオ)で『昼の話題』→『秋山ちえ子の談話室』のパーソナリティを1957年(昭和32年)から45年間担当した。

関連商品