生年月日データベース

トーマス・チェックThomas Ceck

化学者[アメリカ]

1947年 12月8日 生 (満71歳)

トーマス・チェック - ウィキペディアより引用

トーマス・ロバート・チェック(Thomas Robert Cech, 1947年12月8日 - )はアメリカ合衆国の分子生物学者、生化学者。
シカゴ生まれ。
1966年にグリネル大学で学位を取得し、1975年にカリフォルニア大学バークレー校で博士号(化学)を取得、同年ケンブリッジのマサチューセッツ工科大学でポスドクとなった。
1978年、コロラド大学で教員となり学部生に化学や生化学を教えるようになった。
研究分野 主な研究分野は細胞の核内における転写過程である。
具体的にはDNAの遺伝コード(コドン)がどのようにしてRNAへと変換されるかという研究を行った。
1970年代に単細胞真核生物の一種繊毛虫のテトラヒメナを用い、RNAのスプライシングの研究を行っていた時に、RNAの自己スプライシング現象を発見した。
1982年にRNAが遺伝情報をコードしているだけの存在ではないこと、すなわちRNAが触媒的機能を持ち細胞内での反応に関与していることを初めて発見し、これをリボザイムと命名した。