生年月日データベース

松原泰道まつばらたいどう

侶・臨済宗[日本]

1907年 11月23日

2009年 7月29日 死去肺炎享年103歳

松原 泰道(まつばら たいどう、1907年11月23日 - 2009年7月29日)は、日本の臨済宗の僧侶。
東京都港区の龍源寺住職。
東京府生まれ。
早稲田大学文学部卒。
岐阜県の瑞龍寺で修行したのち、臨済宗妙心寺派教学部長を務める。
1972年出版の「般若心経入門」(祥伝社刊)は記録的ベストセラーとなり、第一次仏教書ブームのきっかけを作った。
1989年仏教伝道文化賞受賞。
1999年禅文化賞受賞。
著書は百冊を超える。
宗派を超えた仏教者の集い「南無の会」前会長。
南無の会は1984年に正力松太郎賞を受賞した。
2009年、肺炎のため101歳で死去。
息子に龍源寺住職の松原哲明、婿に元花園大学学長、元妙心寺派宗務総長の細川景一。

松原泰道さんが誕生してから、116年と244日が経過しました。(42613日)
亡くなってから、14年と360日が経ちました。(5474日)
37139日間 生きました。

「松原泰道」と関連する人物