生年月日データベース

樋口久子ひぐちひさこ

プロゴルファー[日本]

1945年 10月13日 生 (満73歳)

樋口 久子(ひぐち ひさこ、1945年10月13日 - )は、日本の女子プロゴルファー。
日本女子プロゴルフ協会相談役、元会長。
富士通所属。
男女通じてアジア出身選手初のメジャー選手権優勝者。
日本人唯一のLPGA優勝者。
優勝回数72回は日本歴代女子最多。
埼玉県川越市出身。
中学校時代までは陸上競技選手だったが、二階堂高等学校時代に実姉が勤務していた東急砧ゴルフ場で中村寅吉を知り、ゴルフへの関心を深める。
卒業後中村に弟子入りし、川越カントリークラブで練習場のスタッフとして勤務する傍らプロ選手としての下積み生活を経験。
1967年に第1期女子プロテストに合格した。
その翌年、日本女子プロゴルフ選手権大会、TBS女子オープン選手権(現・日本女子オープンゴルフ選手権競技)の2大メジャーを連覇。
以後1970~80年代にかけてこれら2冠を独占するなど日本女子プロゴルフの先駆者としての地位を築く。
さらに1977年、全米女子プロゴルフ選手権に日本人として初優勝し、世界もその実力を認めた。
英語では「ひさこ」という名前が呼びにくいことから、“Hisako Chako Higuchi”(チャコ・ヒグチ)と呼ばれ、世界ゴルフ殿堂の会員としてもこの愛称つきで登録されている。

映像作品

ひぐちひさこ [生]1945.10.13.埼玉,川越日本のプロゴルファー。1967年女子1期生としてプロテストに合格。1968年の第1回日本女子プロ選手権に優勝し,以降7年連続優勝。1968年から9年連続で賞金女王となる。1977年の全米女子プロゴルフ選手権で日本人初のメジャー大会優勝を達成。通算成績は72勝。1996年より日本女子プロゴルフ協会LPGA会長。ゴルフを通じた社会貢献を評価され,2003年日本人で初めて世界ゴルフ殿堂入りした。 (引用元 コトバンク)