生年月日データベース

ガストン・ルルーGaston Leroux

作家[フランス]

1868年 5月6日

1927年 4月15日 死去享年60歳
ガストン・ルルー - ウィキペディアより引用

ガストン・ルルー(Gaston Leroux, 1868年5月6日 - 1927年4月15日)は、フランスの小説家、新聞記者。
フランス推理小説創世記においてモーリス・ルブランと並ぶ人気作家だった。
経歴・人物 1868年、パリのフォーブール=サンマルタン街で、衣料品店を営む富裕なノルマンディー人夫妻の間に生まれる。
1880年にセーヌ=マリティーム県のウー校に入学し寮に入り、成績はよく特にラテン語が得意で、教師から作家か弁護士になってはどうかと勧められる。
1886年にパリでロー・スクールに入学する。
1887年に『ラ・レピュブリック・フランセーズ』紙に小説 "Le Petit Marchand de Pommes de terre Frites" を発表した。
ロースクールを卒業した1889年に母に続いて父を亡くし、兵役を免除され、100万フランの遺産を受けるが、弟妹3人を養ってたちまち使い尽くしてしまう。
翌1890年に弁護士資格を取得、弁護士試補として働いた。
1891年に法廷で『エコー・ド・パリ』紙のロベール・シャルヴェーと知り合って、法律や訴訟についての記事を書くようになり、またシャルヴェーの秘書となった。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

Gaston Leroux。1868〜1927。フランス。密室トリック物の草分けとして推理小説史に残る「黄色い部屋の謎」の著者であり、「オペラ座の怪人」の著者としても有名。ミステリ以外にも歴史小説、SF小説、恐怖小説など作品のジャンルは多岐に渡る。またル・マタン紙の特派員として世界を飛び回り、ジャーナリストとしても評価が高い。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • パリ
  • 小説
  • 弁護士
  • モーリス
  • ラテン語
  • ルブラン
  • 作品
  • 作家
  • 入学
  • 推理
  • 新聞
  • 記者
  • 長編
  • ウー
  • クール
  • サンマルタン
  • スクール
  • セーヌ
  • ティーム
  • ノルマン
  • ノルマンディー
  • フォー
  • フランス
  • フランセーズ
  • ブール
  • マリ
  • レピュブリック
  • ロー
  • ロース
  • 人気
  • 免除
  • 兵役
  • 創世記
  • 卒業
  • 夫妻
  • 富裕
  • 弟妹
  • 得意
  • 成績
  • 教師
  • 法廷
  • 発表
  • 衣料品店
  • 試補
  • 資格
  • 遺産