生年月日データベース

与勇輝あたえゆうき

人形作家[日本]

1937年 9月17日 生 (満81歳)

与 勇輝(あたえ ゆうき、1937年9月17日 - )は日本の人形作家。
神奈川県川崎市出身。
両親は奄美群島に属する与路島の出身。
作風 人形創作を始めた当初より、布地に強いこだわりを持っており、そのことから、人形は全て古い木綿布を用い制作されており、また人形の着物や小物等細部に至るまで全て、制作者自身の手で作られている。
人形の多くは、日本の原風景を思わせるようなノスタルジックな雰囲気を持ち、表情豊かな、柔らかみのある表現が特徴。
1963年 - 日本デザインスクール卒業。
1965年 - マネキン会社勤務。
その傍らで独自に人形創作を始める。
1968年 - 人形作家・曽山武彦に師事。
1970年 - 川本喜八郎、辻村寿三郎等の人形作家グループ「第2回グループ“グラッブ”人形展」参加(以降、第6回まで参加)。
1971年 - 監督飯沢匡、デザイン土方重己による人形絵本「シンデレラ」、「ピノキオ」の人形制作を担当。
1991年 - パリ・ルーブル宮、装飾工芸館「世界の人形・今昔展」へ、招待出品。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

あたえ-ゆうき 1937-昭和後期-平成時代の人形作家。昭和12年9月17日生まれ。マネキン会社につとめながら,創作人形をつくる。曾山武彦にまなび,マネキンの手法をくわえた独自の技法を考案。昭和45年辻村ジュサブローら人形作家のグループ展に出品。テレビ,映画のための人形も制作。作品に「森の使者ニングル」「子どもの情景」など。平成20年厚労省現代の名工。神奈川県出身。日本デザインスクール卒。著作に「与勇輝作品集」など。 (引用元 コトバンク)

「与勇輝」と関連する人物

連想語句
  • 人形
  • デザイン
  • 作風
  • 日本
  • グループ
  • スクール
  • マネキン
  • 与路
  • 作家
  • 創作
  • 参加
  • 土方
  • 奄美
  • 山梨県
  • 川本喜八郎
  • 曽山
  • 武彦
  • 群島
  • 辻村寿三郎
  • 重己
  • 飯沢匡
  • グラッブ
  • シンデレラ
  • ノスタルジック
  • パリ
  • ピノキオ
  • 世界
  • 今昔
  • 付属
  • 以降
  • 会社
  • 使用
  • 傍ら
  • 全て
  • 出品
  • 出身
  • 制作
  • 勤務
  • 卒業
  • 原風景
  • 古布
  • 師事
  • 当初
  • 担当
  • 招待
  • 持ち物
  • 数回
  • 木綿
  • 本人
  • 洋服
  • 監督
  • 着物
  • 絵本
  • 美術館
  • 自身
  • 芸術
  • 表情
  • 表現
  • 装飾
  • 雰囲気