生年月日データベース

近賀ゆかりきんがゆかり

女子サッカー選手[日本]

1984年 5月2日 生 (満34歳)

近賀ゆかり - 女子サッカー選手

近賀 ゆかり(きんが ゆかり、1984年5月2日 - )は神奈川県横浜市戸塚区出身の女子サッカー選手。
湘南学院高校、 日本体育大学体育学部体育学科卒。
INAC神戸レオネッサ所属。
ポジションはミッドフィールダーあるいはディフェンダー。
第15回L・リーグ(2003年)新人賞。
北京オリンピック、ロンドンオリンピック日本代表。
2007年、2011年、2015年のFIFA女子ワールドカップ日本代表。
小学3年生の時に、4歳年上の兄の影響で東汲沢サッカークラブでサッカーを始める。
男子に混じって区の選抜チームに選ばれ、中学校入学時に出身校とは別の小学校の教員からの紹介で横須賀シーガルズFCに入団。
当時からベレーザ入団まで、ポジションは一貫してFWであった。
同クラブで全国大会優勝2回、3位1回に貢献する。
卒業後は、チームメイトであった矢野喬子と共に湘南学院高等学校女子サッカー部でプレーし、高校選手権準優勝2回を果たす。
15歳でU-18女子代表に選出されるとその後各世代別代表で主力として活躍し、高校3年時にはAFC U-19女子選手権で優勝、FIFA U-19女子世界選手権に出場(ベスト8)。

関連書籍

DMMメディア

きんが-ゆかり 1984-平成時代の女子サッカー選手。昭和59年5月2日生まれ。ポジションはMF・DF。中学時代は横須賀シーガルズ所属。湘南学院高サッカー部をへて,平成15年日テレ・ベレーザに入団し,同年日本女子サッカーリーグ(Lリーグ)新人王となる。19年,20年,21年なでしこリーグ・ベストイレブン。日本代表(なでしこジャパン)のデビューは17年親善試合のオーストラリア戦。20年北京五輪代表となり4位入賞をはたす。23年INAC神戸レオネッサに移籍。同年FIFA女子ワールドカップで日本代表に選ばれ,全試合に先発出場して金メダル獲得に貢献。24年ロンドン五輪代表となり,全6試合に出場して銀メダルを獲得。26年イングランドのアーセナルに移籍。27年FIFA女子ワールドカップ日本代表にえらばれ,グループリーグのカメルーン戦に出場し,準優勝に貢献。神奈川県出身。日本体育大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 女子
  • サッカー
  • リーグ
  • ワールドカップ
  • オリンピック
  • 日本
  • 時代
  • なでしこ
  • オルカ
  • クラブ
  • ディフェンダー
  • ミッドフィールダー
  • ユース
  • ロンドン
  • 代表
  • 体育
  • 出身
  • 北京
  • 日本体育大学
  • 鴨川
  • ベレーザ
  • ポジション
  • 学科
  • 学部
  • 学院高校
  • 所属
  • 新人
  • 日テレ
  • 湘南
  • 現在
  • 選手