生年月日データベース

田中登たなかのぼる

映画監督[日本]

1937年 8月15日 生 (満81歳)

田中 登(たなか のぼる、1937年8月15日 - 2006年10月4日)は、日本の映画監督。

長野県出身。

明治大学文学部卒業後、日活に入社。
日活がロマンポルノ路線に転向するとその一翼を担い、1972年『花弁のしずく』で監督デビュー。
耽美的で凝った演出で売り出し、1975~1977年に3本がキネマ旬報ベストテン入り。
前後して東映の大作にも外部招聘された。
その後も意欲的なポルノ作品を次々と発表し高い評価を受けたが、1981年にフリーになって以降は、2時間ドラマの演出などテレビの仕事が中心となった。

2006年10月4日午前9時50分、急性動脈瘤解離のため神奈川県相模原市の病院で死去。
69歳。

花弁のしずく (1972年)
牝猫たちの夜 (1972年)
夜汽車の女 (1972年)
好色家族 狐と狸 (1972年)

映像作品

関連書籍

音楽作品

日活ロマンポルノの傑作を数多く残した映画監督。長野県出身。  明治大学卒業後の61年に日活入社。鈴木清順監督、今村昌平監督らの助監督を務め、72年「花弁のしずく」でデビュー。「実録阿部定」「江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者」などの作品でロマンポルノの巨匠と呼ばれた。79年には「天使のはらわた・名美」などで日本アカデミー賞優秀監督賞受賞。 フリーになった後も岡山県の山村で起きた連続殺人事件をもとに「丑三つの村」を監督し、話題になった。 2006年10月4日死去。69歳。 (引用元 Hatena Keyword)