生年月日データベース

えのきどいちろう

コラムニスト[日本]

1959年 8月13日 生 (満59歳)

えのきどいちろう(男性、1959年8月13日-)は、日本のコラムニスト。
本名榎戸一朗(読み方同じ)。
秋田県出身。
中央大学杉並高等学校、中央大学経済学部卒業。
大学在学中に仲間内で発刊したミニコミ誌「中大パンチ」が宝島の編集者の目に留まり、在学中からコラムニストとして活動を始める。
消しゴム版画家のナンシー関を、当時ホットドッグプレス編集長をしていたいとうせいこうに紹介して、世に送り出した。
2007年から、アイスホッケークラブチーム「H.C. TOCHIGI 日光アイスバックス」の運営会社である、株式会社栃木ユナイテッドの取締役を務める。
北海道日本ハムファイターズの大ファンとしても知られ、現在も北海道新聞でコラムを連載中(隔週)。
執筆活動と共に、テレビ・ラジオのレギュラーも数多く、テレビ番組では、2002 FIFAワールドカップ開催時にスカパー!で関連番組の司会を務め、ラジオ番組では、文化放送の平日朝ワイド番組のパーソナリティを4年間担当した。

関連書籍

音楽作品

  • タイトル
    唯心
    歌手
    発売元
    ビクターエンタテインメント
    発売日
    1996年6月21日
    演奏時間
    42分
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1,698 より

コラムニスト、ラジオパーソナリティ 北海道日本ハムファイターズと日光アイスバックスを愛するコラムニスト。TBSラジオ「アクセス」の月曜パーソナリティ(隔週)。昼間の東京ドームのスタンドの話を書かせたら右に出る者なし。 2001年から2002年にかけてスカパーで司会を務めた「ワールドカップジャーナル」で、一躍サッカー界に躍り出て、多くのサッカーファンの心を掴み、えのきどさん自身もこの番組で出会った原博実、倉敷保雄、セルジオ越後、三浦俊也、風間八宏、水沼貴史らサッカー人たちに心を掴まれる。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 出演
  • 中央大学
  • いとうせいこう
  • アイスホッケー
  • ナンシー関
  • プレス
  • ホットドッグ
  • 在学
  • 学校
  • 学部
  • 宝島
  • 日光
  • 杉並
  • 現在
  • 秋田県
  • 経済
  • 編集者
  • 著書
  • 過去
  • 関連
  • 高等
  • アイス
  • クラブ
  • コラムニスト
  • チーム
  • バックス
  • パンチ
  • ミニコミ
  • 中大
  • 仲間
  • 出身
  • 卒業
  • 大学
  • 当時
  • 活動
  • 消しゴム
  • 版画家
  • 発刊
  • 紹介
  • 雑誌