生年月日データベース

ステルヴィオ・チプリアーニStelvio Cipriani

作曲家[イタリア]

(別名義・Steve Powder)

1937年 8月20日

2018年 10月1日 死去享年82歳
ステルヴィオ・チプリアーニ - ウィキペディアより引用

ステルヴィオ・チプリアーニ(Stelvio Cipriani, 1937年8月20日 - )は、イタリア・ローマ出身の作曲家。
甘く美しいメロディを作曲することで定評があり、イタリアを中心にヨーロッパ各国の映画界で活躍している。
代表作に『ベニスの愛』 Anonimo veneziano(1970年)、『ラストコンサート』 Dedicato a una stella(1976年)など。
スティーヴ・パウダー(Steve Powder)という変名を用いる時もある。
ローマで生まれ育ち、同地の名門音楽学校サンタ・チェチーリア音楽院でピアノと音楽理論を学ぶ。
音楽院を卒業後はジャズピアニストとして活躍し、アメリカに留学してデイヴ・ブルーベックにジャズ・ピアノを学ぶ。
ピアニストとして活動する傍ら、歌手のボイストレーニングコーチを務めていたチプリアーニに、俳優のトーマス・ミリアンがボイストレーニングを依頼する。
この際に親しくなったミリアンの紹介を受けて、チプリアーニはミリアンが悪役で出演したマカロニ・ウェスタン映画『ガン・クレイジー』 The Bounty Killer: La morte ti segue... ma non ha fretta(1966年)の映画音楽によって作曲家デビューを飾る。

映像作品

音楽作品

DMMメディア

連想語句
  • ベニス
  • ローマ
  • 音楽院
  • コンサート
  • サンタ
  • ジャズ
  • チェチーリア
  • ピアニスト
  • ピアノ
  • ラスト
  • 作品
  • 作曲家
  • 作風
  • 出典
  • 来日
  • 死去
  • 音楽
  • イタリア
  • スティーヴ
  • パウダー
  • メロディ
  • ヨーロッパ
  • 中心
  • 代表作
  • 作曲
  • 出身
  • 卒業
  • 各国
  • 同地
  • 名門
  • 変名
  • 学校
  • 定評
  • 映画
  • 活躍
  • 理論