生年月日データベース

安尾信乃助やすおしんのすけ

お笑いタレント[日本]

1967年 7月16日 生 (満51歳)

安尾 信乃助(やすお しんのすけ、本名:安尾 信介、1967年7月16日 - )は、吉本興業所属のお笑いタレント。
兵庫県神戸市出身。
2015年現在吉本新喜劇で活動している。
AB型。
身長:171cm、体重:70kg。
来歴・人物 育英高等学校卒業。
NSC7期生。
同期には雨上がり決死隊、矢部美幸(元ちゃんねるず、ナインティナイン矢部浩之の実兄)、なるみ(元トゥナイト)、高山トモヒロ(ケツカッチン、元ベイブルース)などがいる。
1989年、「吉本新喜劇やめよっカナ?キャンペーン」で心斎橋筋2丁目劇場から新喜劇へと移る。
辻本茂雄、石田靖、吉田ヒロらとは新喜劇では同期入団である。
入団時の芸名は「安尾 信介」。
1998年、「安尾 信乃助」に改名。
ギャグ 必要の無いところで語尾に「か?」を付け、疑問形とする。
「おじゃましますか?」「私、ここの店の従業員で安尾といいますか?」などがある。
逆に必要なときに「お二人は付き合ってるんです」などと「か?」を省く。
また「私、用があって来たんですか?」 (私、用があって来たんですが)などと「か」に濁音を付けず、「点々を付けてくれんと」と共演者に指摘されると、全ての文字に濁音を付けて話す。

映像作品

DMMメディア

吉本新喜劇の劇団員。 NSC第7期生。 「おじゃましますか?」 「私は、安尾と言いますか?」 「おーい。こちらですか?」など、本来「か」が必要ない文章の語尾に「か」を付けるネタや、 (やくざを前にしたシーンで携帯に向かって)「こら待てー!!あとでかけ直すわ」 「これだけははっきり言っておくと・・・」 「良い案が思いついた!ら良かったのに」 などのギャグを持つ。 また、島田一の介が田中角栄・真紀子親子の物真似をした後には必ず、桂小枝の物真似を安尾が披露する。 最近では、安尾の嫁役で出演した女性劇団員までもが「私が嫁ですか」などと「か」を付けなくてもいいところに付けて、「移った!」というボケや、「お邪魔するかも」「お邪魔するはず」などのバリエーションも存在する。 辻本茂雄・鳥川耕一と競演したときに披露される、「ひょっとこ」に関連する一連の流れも見物。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • なるみ
  • ギャグ
  • テレビ
  • ナインティナイン
  • 兵庫県
  • 吉本新喜劇
  • 学校
  • 決死
  • 番組
  • 矢部浩之
  • 矢部美幸
  • 神戸市
  • 育英
  • 関連
  • 雨上がり
  • 高等
  • ちゃんねる
  • よしもと
  • キログラム
  • センチメートル
  • マンスリー
  • 出身
  • 卒業
  • 吉本
  • 同期
  • 学院
  • 実兄
  • 工場
  • 整備
  • 月刊
  • 母親
  • 活動
  • 総合
  • 自動車
  • 芸能