生年月日データベース

テッド・ネルソンTheodor Holm Nelson

社会学者[アメリカ]

1937年 6月17日 生 (満82歳)

テッド・ネルソン - ウィキペディアより引用

テッド・ネルソン(Theodor Holm Nelson 1937年6月17日 -)は、アメリカの社会学者であり思想家であり情報技術のパイオニアである。
彼は1963年に「ハイパーテキスト」と「ハイパーメディア」という用語を生み出し1965年に発表した。
彼はまた、トランスクルージョン、Virtuality(電子書籍システムの概念構造)、Intertwingularity(知識の相互関連性)、テレディルドニクスといった用語も生み出した。
ネルソンは1960年にザナドゥ計画を立ち上げ、コンピュータネットワーク上に単純なユーザインタフェースを構築することを目標とした。
その成果は1974年の著書『コンピュータ・リブ/夢の機械』および1981年の『リテラリーマシン』で文書化されている。
彼の成人後の人生はほとんどザナドゥの実現とその概念を広めることに費やされている。
ザナドゥ計画は実りのない結果となった。
その原因は様々に議論されている。
ジャーナリストのゲーリー・ウルフはWIRED誌の1995年6月号でネルソンとザナドゥのありのままの歴史を発表し、「コンピュータ史上もっとも長く続いているベーパーウェア」と評した。

関連書籍

「ハイパーテキスト」という概念を生み出したアメリカの情報工学者、思想家。 1960年に、世界初のハイパーテキストプロジェクト「ザナドゥ計画」を立ち上げた。計画は成功したとは言い難いが、後年ティム・バーナーズ・リーがWorld Wide Web(WWW)を開発した際、ザナドゥ計画を強く意識していたことを明かした。 no titleはてなブックマーク- no title (引用元 Hatena Keyword)

「テッド・ネルソン」と関連する人物