生年月日データベース

鹿子木孟郎かのこぎたけしろう

画家[日本]

1874年 11月9日

1941年 4月3日 死去享年68歳
鹿子木孟郎 - ウィキペディアより引用

関連書籍

1874年〜1914年。洋画家。岡山県生まれ。 天彩学舎と不同舎で洋画を学び、三重県尋常中学校などで教員を勤めた後、1900年に渡仏し、アカデミー・ジュリアンでジャン・ポール・ローランスに師事した。 帰国後は京都に住み、関西美術院、京都高等工芸学校などで指導に当たった他、太平洋画会に出品し、三宅克己?と水彩画論争を行ったりした。 1906年、1915年にもパリに滞在し、ローランスの愛弟子として注目された。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 岡山県
  • 岡山
  • 明治
  • ドヌール
  • レジオン
  • 代表作
  • 作品
  • 勲章
  • 小山正太郎
  • 岡山市
  • 洋画家
  • 画塾
  • 美術院
  • 関西
  • 三五郎
  • 三男
  • 上京
  • 不倒
  • 不同
  • 中学
  • 主宰
  • 予備校
  • 備前
  • 再度
  • 出身
  • 初め
  • 受章
  • 図画
  • 天彩
  • 学舎
  • 宇治
  • 帰郷
  • 得意
  • 教員
  • 東京
  • 東田町
  • 松原
  • 池田
  • 油絵
  • 肖像画
  • 脚気
  • 藩士
  • 遊学
  • 郷里
  • 長守