生年月日データベース

原田早穂はらださほ

シンクロナイズドスイミング選手[日本]

1982年 11月5日 生 (満36歳)

原田 早穂(はらだ さほ、1982年11月5日 - )は、日本の元シンクロナイズドスイミング選手。
東京都出身。
東京シンクロクラブ所属。
洗足学園大学附属高等学校、日本大学文理学部卒業。
ミキハウスに所属していた。
2001年、18歳で全日本ナショナルチームに参加。
2004年、アテネオリンピックに出場。
チーム種目で銀メダルを獲得。
2004年、立花美哉・武田美保の引退に伴い、鈴木絵美子とデュエットを結成。
2006年、ワールドカップで銅メダルを獲得。
2007年、メルボルンで開催された世界水泳では初めてソロ種目に抜擢され、ソロ種目のテクニカルルーティンで銅メダルを獲得。
2008年、北京オリンピックに出場。
鈴木とのデュエットで銅メダルを獲得。
2008年9月25日、現役引退を表明。
2009年、NHK「街道てくてく旅」(山陽道編 : 第9シリーズ(春編)、第10シリーズ(秋編))に旅人として出演。
2009年12月3日、NHK「スタジオパークからこんにちは」にゲストとして出演。
2011年5月から2012年5月まで日本オリンピック委員会スポーツ指導者海外研修員に採用され、マルタ共和国でシンクロナイズドスイミング指導者研修を受ける。

映像作品

元シンクロナイズドスイミング選手。 1982年11月5日生まれ、東京都出身。身長166cm/体重56kg 日本大学卒。東京シンクロクラブ、ミキハウスに所属していた。 2008年の北京オリンピックでは、鈴木絵美子とデュエットを組み、銅メダルを獲得した。 北京五輪終了後、現役を引退。 特技はピアノで、チームやデュエットの曲を編曲することもある。 (引用元 Hatena Keyword)