生年月日データベース

海老原有希えびはらゆき

陸上やり投げ選手[日本]

1985年 10月28日 生 (満33歳)

海老原有希 - ウィキペディアより引用

海老原 有希(えびはら ゆき、1985年10月28日 - )は、日本の陸上競技選手。
専門種目はやり投。
広州アジア大会金メダリスト。
やり投の女子日本記録保持者である。
栃木県河内郡上三川町出身、栃木県立真岡女子高等学校・国士舘大学卒業。
2002年(高校二年生時)に茨城インターハイやり投で準優勝、2003年(高校三年生時)に長崎インターハイ七種競技で優勝。
高校での自己ベストはやり投が50m98、七種競技が5125点であった。
2004年に国士舘大学体育学部に入学。
同年に行われたアジアジュニア大会では52m07を記録して銅メダル獲得、世界ジュニア大会では54m44を記録して5位入賞を果たしている。
2006年、日本選手権で55m07を記録して優勝。
ドーハアジア大会では57m47の日本学生新記録で銅メダルを獲得した。
2007年は右ひざの怪我に悩まされており、日本選手権では吉田恵美可に敗れ大阪世界選手権代表を逃した。
しかしバンコクユニバーシアード代表に選出され8位入賞を果たした。
2010年、広州アジア大会で3投目に59m39の投擲を見せて、自身の6投目を待たずに他の選手を抑えて優勝を決めた。

海老原有希は、日本の陸上競技選手。専門はやり投。 1985年10月28日生まれ。栃木県出身。身長164cm、体重62kg。 栃木県立真岡女子高等学校、国士舘大学卒。スズキ浜松アスリートクラブ所属。 2010年、広州アジア競技大会では61m56の日本新記録をマークし、金メダルを獲得した。 (引用元 Hatena Keyword)

「海老原有希」と関連する人物

連想語句
  • 女子
  • 学校
  • 関連
  • 高等
  • やり投
  • インターハイ
  • エピソード
  • 上三川町
  • 体育大会
  • 全国
  • 受賞歴
  • 国士舘大学
  • 平成
  • 日本
  • 栃木
  • 栃木県
  • 河内郡
  • 県立
  • 真岡
  • 総合
  • 記録
  • 陸上競技
  • 高校
  • アジア大会
  • アジア競技大会
  • メダリスト
  • 二年生
  • 保持者
  • 出身
  • 卒業
  • 広州
  • 準優勝
  • 茨城
  • 長崎