生年月日データベース

加賀武見かがたけみ

競馬騎手、調教師[日本]

1937年 9月8日 生 (満81歳)

加賀 武見(かが たけみ、1937年9月8日 - )は、日本中央競馬会の元騎手で、美浦トレーニングセンターの元調教師。
青森県上北郡天間林村出身。
増沢末夫とは同世代である。
夫人の父はJRA元調教師の阿部正太郎。
夫人の弟はJRA調教師の阿部新生。
日本国外で活躍していた競走馬を所有していた時期もあった(タケミノゾミなど)。
経歴・記録 1955年新堂捨蔵に弟子入り。
しかし、翌年にはいったん断念し、帰郷し青森牧場に勤務。
のちに阿部正太郎に牧場で見出されて再度厩舎に入り、1960年騎手となる。
23歳でのデビューは当時としても遅いものだったが、デビュー1年目に58勝を挙げる。
これは1987年に武豊に破られるまでの新人騎手最多勝記録であり、2008年に三浦皇成に破られるまで関東所属の新人騎手最多勝記録であった。
八大競走初勝利は1961年(昭和36年)の第44回天皇賞(秋)に騎乗したタカマガハラ。
日本ダービーはなかなか勝てなかったが、1976年クライムカイザーで制覇。
年間最多勝騎手に7回、関東年間最多勝騎手には8回輝くなど1960年代から1970年代にかけて日本の競馬界を代表する騎手であった。

映像作品

元JRA調教師。元騎手。美浦トレーニングセンター所属。 1937年9月8日生まれ、1960年阿部正太郎厩舎からデビューし初騎乗。この年58勝を挙げて新人騎手最多勝記録を樹立したほか、全国リーディングジョッキー7回、関東リーディングジョッキー8回と1960年代から70年代に名騎手として活躍。クライムカイザーで日本ダービー、アサカオーで菊花賞、カネミノブで有馬記念を制し、JRA通算1352勝(うち障害45勝)の成績を残し騎手を引退した。1988年に調教師に転身。JRA重賞はオンワードメテオで東京ハイジャンプ、新潟ジャンプSを制している。通算成績はJRA通算178勝(うち障害11勝)、地方12勝。2008年2月いっぱいで調教師を定年退職した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 競走
  • 調教師
  • 騎乗
  • エピソード
  • シンザン
  • ライバル
  • 優勝馬
  • 厩舎
  • 夫人
  • 所属者
  • 逸話
  • 関係
  • 関連
  • 阿部正太郎
  • 騎手
  • タケミ
  • ノゾミ
  • 出稼ぎ
  • 出身
  • 和歌
  • 和歌山県
  • 国外
  • 子供
  • 幼少時
  • 所有
  • 新生
  • 日本
  • 時期
  • 活躍
  • 農耕馬
  • 阿部