生年月日データベース

アブラム・ハーシュコAvram Hershko

化学者[イスラエル]

1937年 12月31日 生 (満81歳)

アブラム・ハーシュコ - ウィキペディアより引用

アブラム・ハーシュコ(英:Avram Hershko、洪:Herskó Ferenc、1937年12月31日 - )は、ハンガリー系イスラエル人の生化学者である。
2004年にノーベル化学賞を受賞。
アブラム・ハーシュコは、1937年12月31日にハンガリーのヤース・ナジクン・ソルノク県カルツァグで生まれた。
1965年、イスラエルにあるヘブライ大学のハダサー医学部にてM.Dを取得、1969年にはPh.Dを取得した。
2000年にラスカー賞を受賞。
2004年にはアーロン・チカノーバー、アーウィン・ローズ と共に、「ユビキチンを介したタンパク質分解の発見」によりノーベル化学賞を受賞した。
ユビキチンプロテアソーム経路は、細胞のホメオスタシスを維持する上で重要な役割を担っており、以下のような疾患の発病と進行に関与していると考えられている。
癌 筋肉系および神経系の疾患 免疫と炎症の反応 嚢胞性線維症ハーシュコは現在、イスラエルのファイハにあるイスラエル工科大学ラパポート医科学研究所へ教授として勤務している。