生年月日データベース

田中和仁たなかかずひと

体操選手[日本]

1985年 5月16日 生 (満34歳)

田中 和仁(たなか かずひと、1985年5月16日- )は、日本の体操選手。
和歌山県出身。
身長166cm。
体重56kg。
和歌山県立和歌山北高等学校、日本大学卒業。
徳洲会体操クラブ所属。
妹の田中理恵(日本体育大学研究員)、弟の田中佑典(順天堂大学~コナミ所属)も同じ体操選手である。
得意種目は平行棒。
両親が体操選手だったことや、父親が指導者だったため競技の道に進む。
2003年、高校生ながらボローニンカップのシニアの部に出場し、ロシアのアレクセイ・ネモフらと競い、種目別の鉄棒で3位入賞を果たす。
2007年、ユニバーシアード団体の金メダル獲得に大きく貢献した。
2009年、全日本選手権男子個人総合で2位入賞を果たすと、NHK杯でも男子個人総合で2位入賞し、世界選手権代表に初めて選出された。
同年10月、ロンドン(英国)で行われた世界選手権の個人種目別決勝の平行棒で銅メダルを獲得。
個人総合でも4位と健闘した。
2010年6月、NHK杯で4位入賞を果たし、前年に続いての世界選手権代表入りを果たす。

関連書籍

体操競技選手。 1985年5月16日生まれ。和歌山県出身。身長166cm。体重56kg。 所属:和歌山県立和歌山北高等学校 → 順天堂大学 → 徳洲会体操クラブ 得意種目は平行棒。 妹の田中理恵、弟の田中佑典はともに体操選手。両親も元体操選手という体操一家で育った。 2009年、第41回世界体操競技選手権、種目別決勝・平行棒で銅メダル獲得。 2010年、世界体操競技選手権の日本代表入り。妹の理恵も世界選手権代表入りを果たし、日本体操界史上初の兄妹そろっての代表入りとなった。世界選手権では団体総合で銀メダルを獲得した。 2011年、世界体操競技選手権に3年連続で日本代表入り。妹の理恵、弟の佑典も世界選手権代表入りを果たし、オリンピック・世界選手権を通じて日本体操界史上初の3兄弟同時の代表入りが実現した。 2012年、ロンドンオリンピック体操男子団体総合で銀メダル (引用元 Hatena Keyword)

「田中和仁」と関連する人物