生年月日データベース

内田博幸うちだひろゆき

競馬騎手[日本]

1970年 7月26日 生 (満48歳)

内田博幸 - ウィキペディアより引用

内田 博幸(うちだ ひろゆき、1970年7月26日 - )は日本中央競馬会 (JRA) の騎手。
福岡県三潴郡三潴町(現・久留米市)出身。
妻は元フリーアナウンサーの鈴木文子。
兄の内田秀一も佐賀、川崎に所属し通算527勝を挙げた元騎手で、横浜FCの内田智也は従弟にあたる。
地方競馬時代には大井競馬場の荒井隆厩舎に所属。
2008年にJRAに移籍。
移籍時から美浦トレーニングセンターの嶋田潤厩舎に所属し、2011年5月1日付けでフリーとなる。
地方時代の勝負服の柄は胴青・赤山形一文字・袖白(詳細は後述)。
騎手になるまで 父が体操選手だった影響もあり小学校低学年から体操教室に通う。
一緒に通っていた兄が中学卒業時に教室を辞めたため一人で通うのは無理と判断し、同時に体操教室を辞める。
進路を決める中学3年生になるも体操への道が諦めきれず逡巡するが、再開しても周囲とのレベル差があり過ぎることを理由に諦める。
自宅の近所に2歳馬の馴致をする施設があり、手伝いを通じて競走馬に親しむ機会があった。

関連書籍

JRA騎手。美浦・嶋田潤厩舎所属。 1970年7月26日生まれ、福岡県出身。 大井競馬時代は荒井隆厩舎に所属していた。 兄は佐賀、川崎の騎手だった内田秀一。 1989年4月6日にデビューし、5月7日に初勝利を挙げる。 その後、メキメキと頭角を現し、2003年ラントゥザフリーズで共同通信杯を勝利、JRA重賞初勝利も記録。 2004年には的場文男、石崎隆之を退けて、全国リーディングを獲得、その年、ワールドスーパージョッキーズシリーズで3位になり、年末の東京大賞典で統一GI制覇を果たした。 2005年はアジュディミツオーでドバイワールドカップに参戦し、中央・地方合わせて496勝(地方465勝+中央31勝)を挙げた。 2007年にはピンクカメオでNHKマイルカップを勝ち、Jpn1ジョッキーとなった。 2008年2月、JRA騎手免許試験に合格しJRAに移籍する事となった。JRAに移籍するまで地方競馬で通算3153勝をあげた。 2009年には146勝をあげ、JRAの総合リーディングジョッキーとなった。 主な騎乗馬にドラールオウカン、コンサートボーイ、ハタノアドニス、コアレスハンター、アジュディミツオー、シーチャリオット、フリオーソ、オウケンブルースリ、サクセスブロッケン、エイシンフラッシュなど。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 所属
  • 厩舎
  • 時代
  • 移籍
  • フリー
  • 地方
  • 競馬
  • 騎手
  • アナウンサー
  • サッカー
  • センター
  • トレーニング
  • プロ
  • 三潴町
  • 三潴郡
  • 中央
  • 久留米市
  • 内田
  • 内田智也
  • 勝負服
  • 大井
  • 大井競馬場
  • 嶋田潤
  • 秀一
  • 美浦
  • 荒井
  • 選手
  • 一文字
  • 佐賀
  • 佐賀競馬場
  • 出身
  • 山形
  • 川崎
  • 川崎競馬場
  • 後述
  • 従弟
  • 文子
  • 詳細
  • 通算
  • 鈴木
  • 鈴木文子