生年月日データベース

緒形拳おがたけん

俳優[日本]

1937年 7月20日

2008年 10月5日 死去享年72歳
緒形拳 - ウィキペディアより引用

緒形 拳(おがた けん、1937年7月20日 - 2008年10月5日)は日本の俳優。
本名は緒形 明伸(おがた あきのぶ)。
東京府東京市牛込区(現・東京都新宿区)出身。
血液型はB型、身長173cm、体重70kg、趣味は絵手紙・水墨画。
長男は緒形幹太、次男は緒形直人で共に俳優。
来歴・人物 1937年7月20日、東京府東京市牛込区(現在の東京都新宿区)で生まれる。
太平洋戦争中、空襲で牛込の家が焼かれた為、小学校二年生の時に千葉県千葉市登戸町に一家で疎開したという。
中学まで千葉で過ごし、その後東京へ戻った。
1957年、東京都立竹早高等学校卒業後、憧れていた新国劇の二大看板俳優の一人、辰巳柳太郎の弟子になるべく、1958年新国劇に入団。
辰巳の付き人となる。
1960年、新国劇のもう一人の看板俳優、島田正吾に見出され、『遠い一つの道』で主人公のボクサー役に抜擢された。
作品は映画化され映画デビューも果たす。
1965年、大河ドラマ『太閤記』の主役に抜擢され、新国劇の活動も兼務して1年活動した。
引き続き1966年の大河ドラマ『源義経』に弁慶役で出演し、2年続けて大河に出演する稀有な活動をし、その後も数々の大河ドラマに出演し、常連俳優の1人として活躍した。

映像作品

関連書籍

音楽作品

おがた-けん 1937-2008昭和後期-平成時代の俳優。昭和12年7月20日生まれ。昭和33年新国劇にはいる。35年「遠い一つの道」で映画デビュー。40年NHKテレビドラマ「太閤(たいこう)記」の秀吉役が評判になる。43年新国劇を退団。テレビドラマ「必殺仕掛人」で人気をたかめ,映画「鬼畜」「楢山節考」「火宅の人」で日本アカデミー賞やブルーリボン賞などおおくの主演男優賞を受賞した。他の主演作に「復讐するは我にあり」「長い散歩」など。平成20年10月5日死去。71歳。東京出身。竹早高卒。本名は明伸(あきのぶ)。 (引用元 コトバンク)