生年月日データベース

河村めぐみかわむらめぐみ

バレーボール選手[日本]

1983年 7月12日 生 (満36歳)

河村 めぐみ(かわむら めぐみ、女性、1983年7月12日 - )は、元バレーボール選手で現在はモデル。
愛称はメグ。
福岡県北九州市出身。
NHK学園高校卒業。
小学生の時、テレビ番組「投稿!特ホウ王国」で「日本一大きな小学生」として登場。
それを見たあるバレー部監督が、連絡先を探してスカウトしたことがきっかけでバレーを始める。
小学生の頃から飛びぬけて背が高く、小学5年の時にはすでに179cmあった。
中学生の頃には、現在の身長と同じ193cmまで達した。
中学3年の時、第12回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(アクエリアスカップ中学バレー)に、大分県の選抜チームとして出場し準優勝に貢献した。
またこの大会で、将来の五輪候補選手として最も期待する選手に贈られるJOC・JVAカップを受賞した。
高校は大分県中津市の東九州龍谷高等学校に進学。
高校在学中に全日本代表に選ばれ、史上最長身の日本人女子バレーボール選手として注目された(後に195cmの塚原佳代子が更新)。

関連書籍

元バレーボール選手。モデル。 2003年、NECレッドロケッツに入団。 これまでVリーグ(女子)に出場した日本人選手としては最も高い193センチの長身を生かしたプレーが持ち味。 2001年のバレーボールワールドグランプリなどで全日本代表に選ばれた経験を持つが、これまでチーム内で同じポジションに大友愛、杉山祥子がいたために、出場機会に恵まれなかった。 第11回Vリーグに入り、NECは従来はセンターだった大友を、セッター対角で起用。そのため河村はセンターのポジションでスタメン出場を果たすこととなった。今後の活躍が期待されていたが、2005年8月30日NECを退社。モデルに転身した。 (引用元 Hatena Keyword)