生年月日データベース

アンドリュー・ワイエスAndrew Newell Wyeth

画家[アメリカ]

1917年 7月12日

2009年 1月16日 死去享年93歳
アンドリュー・ワイエス - ウィキペディアより引用

アンドリュー・ワイエス(Andrew Wyeth,1917年7月12日 - 2009年1月16日)は、20世紀のアメリカの画家。
アメリカン・リアリズムの代表的画家であり、アメリカの国民的画家といえる。
日本においてもたびたび展覧会で紹介され、人気が高い。
1917年、ペンシルベニア州フィラデルフィア郊外のチャッズ・フォードに生まれる。
心身ともに虚弱であったワイエスは、ほとんど学校教育を受けず、家庭教師から読み書きを習った。
絵の師は著名なイラストレーター(挿絵画家)であった父親(N.C.ワイエス)である。
ワイエスは自宅のある、生地チャッズ・フォードと、別荘のあるメーン州クッシングの2つの場所以外にはほとんど旅行もせず、彼の作品はほとんどすべて、この2つの場所の風景と、そこに暮らす人々とがテーマになっている。
代表作「クリスティーナの世界」に登場するクリスティーナは、ワイエスの別荘の近くに住んでいたオルソン家の女性である。
生来病弱で孤独に育ったワイエスは、この、ポリオで足が不自由な女性が、何もかも自分の力でやってのける生命力に感動し、出会いの時からその死まで30年に亘ってこの女性を描き続けた。

関連書籍

Andrew Wyeth(1917年7月12日-2009年1月16日) アメリカ・ペンシルベニア州チャッズ・フォード生まれ。 アメリカン・リアリズムを代表する画家であり、アメリカの国民的画家。水彩、テンペラを用いた緻密な描写力でアメリカの片田舎の風景やそこに暮らす人々を多数描いている。その作品のほとんどは、生まれ育ったチャッズ・フォードと、夏を過ごす別荘のある避暑地メーン州クッシングが題材である。 1963年 大統領自由勲章(Presidential Medal of Freedom)受章 1988年 議会名誉黄金勲章(Congressional Gold Medal)受章 2007年 アメリカ合衆国芸術勲章(National Medal of Arts)受章 2009年 自宅で永眠 代表作に《クリスティーナの世界》(1948年 テンペラ、パネル ニューヨーク近代美術館蔵)や、1985年に存在が知られスキャンダルとなった〈ヘルガ〉シリーズなどがある。 (引用元 Hatena Keyword)