生年月日データベース

アメリ・モレスモAmelie Mauresmo

プロテニス選手[フランス]

1979年 7月5日 生 (満40歳)

アメリ・モレスモ - ウィキペディアより引用

アメリ・モレスモ(Amélie Mauresmo, 1979年7月5日 - )は、フランス・サン=ジェルマン=アン=レー出身の女子プロテニス選手。
2006年の全豪オープンとウィンブルドンで優勝し、4大大会女子シングルス2勝を挙げた選手である。
WTAツアーでシングルス25勝、ダブルス3勝を挙げた。
パワーテニスの代表的な選手のひとりとして知られ、独特な片手打ちバックハンド・ストロークを最大の武器にした。
モレスモは4歳の時、1983年の全仏オープンでヤニック・ノアが地元選手として優勝した試合をテレビで見たことがきっかけでテニスを始めた。
そのノアに見いだされてテニスの技量を伸ばし、1996年に全仏オープンとウィンブルドンのジュニア女子シングルス部門で連続優勝を飾る。
地元大会の全仏オープンには、1995年にランキング700位台であったが予選の主催者推薦で出場して勝ち上がり、本大会にも出場していた。
1998年から世界の舞台で頭角を現し始める。
1999年の全豪オープンで、モレスモは世界ランキング29位のノーシードから決勝戦まで勝ち進み、大会3連覇を目指したマルチナ・ヒンギス(スイス)に 2-6, 3-6 で敗れて準優勝となった。

Amélie Mauresmo フランスのプロテニス選手。 片手打ちバックハンド・ストロークを武器とし、「女ランボー」というニックネームを持つ。 1979年7月5日生まれ、サンジェルマン・アン・レー出身。 4歳の時、1983年の全仏オープンでヤニック・ノア?が優勝した試合をテレビで見たことがきっかけでテニスを始めた。 1996年に全仏オープンとウィンブルドンのジュニア部門で連続優勝。 1997年、全仏オープンで4大大会にデビューし、2回戦でシュテフィ・グラフに挑戦。 1999年全豪オープンで準優勝。 2004年のアテネ五輪で女子シングルスの銀メダルを獲得。9月に、フランス人の女子テニス選手として初の世界ランキング1位を記録。 2005年、年間最終戦のWTAツアー選手権決勝でマリー・ピエルス?を破り、フランス人の女子選手として初めて優勝を飾った。 2006年の全豪オープンで、4大大会初優勝。 同年のウィンブルドンも初制覇。フランス人女子としては81年ぶり2人目。 * (引用元 Hatena Keyword)