生年月日データベース

梅津栄うめづさかえ

俳優[日本]

1928年 7月5日

2016年 8月6日 死去肝硬変享年89歳

梅津 栄(うめづ さかえ、1928年7月5日 - )は、日本の俳優。
富山県下新川郡泊町(朝日町)出身。
身長167cm、体重80kg。
本名:梅津 榮(うめづ しげる)。
ヒトメディア所属。
来歴・人物 富山県立富山工業学校機械科を卒業後、舞台芸術学院入学。
その後、木村功の付き人になる。
趣味は水彩画、陶器収集、書、画廊巡り。
今福将雄らと並び、日本を代表する老け役の1人。
悪役からコミカルな三枚目・とぼけた役・シリアスな役柄等演技の幅は広く、名作からコメディまで内容を選ばない。
若手の俳優と絡む様な映画やドラマでも決して偉ぶる事無く、自分より経験の浅い俳優の演技をサポートしつつも自らの仕事を全力でこなす。
時代劇で公家役を演じる際には江戸時代の公家の習俗を夫人の助力で調査した(「「〜おじゃる」という言葉遣いを初めて使用した」と本人がコメントしている)。
老け役を演じるため、若いうちに総入れ歯にしている。
また、書家としても活躍している。
出演作品 テレビドラマ チロリン村とくるみの木 (1956年、NHK) 不毛の設計 (1959年、NTV) トップ屋 (1960年、CX) 川上哲治 (1960年、CX) このみぞをこえて (1960年、KR) 茜色の貯炭場 (1960年、KR) 決定的瞬間 第2話「いやな夜」(1961年、NTV) ここに人あり 第174話「てんやもん」(1961年、NHK) 波止場 (1961年、TBS) 誕生日はきっと (1961年、TBS) 舞妓東京を行く (1961年、NTV) スタイロールの犯罪 (1961年、TBS) だにとダイヤモンド (1962年、CX) 煙の王様 (1962年、TBS) 銀と青銅の差 (1963年、NHK) ふりむけばふたり (1963年、TBS) なりひら小僧 (1963年、TBS) 二人だけの橋 (1963年、NET) 毒(1964年、TBS) 虹の設計 (1964年、NHK) 悪妻万歳 ソクラテスの妻より (1964年、NTV) 弾丸列車 (196 ……

映像作品

音楽作品

  • タイトル
    本命歌謡浪漫 望郷編 TKCA-73696
    歌手
    発売元
    株式会社 徳間ジャパンコミュニケーションズ
    発売日
    2008年7月01日
    演奏時間
    71分
    新品価格
    ¥ 999
    中古商品
    ¥ 798 より
  • タイトル
    老人と子供のポルカ
    歌手
    梅津栄とプレイハウス
    発売元
    ガウスエンタテインメント
    発売日
    2004年4月21日
    演奏時間
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    映画「旅の贈りもの 0:00発」 [DVD]
    歌手
    発売元
    ユニバーサル ミュージック
    発売日
    2007年8月15日
    演奏時間
    93分
    新品価格
    ¥ 10,800
    中古商品
    ¥ 2,683 より
  • タイトル
    にっぽんの歌 第1集 演歌彷徨
    歌手
    オムニバス
    発売元
    徳間ジャパンコミュニケーションズ
    発売日
    1988年1月25日
    演奏時間
    64分
    新品価格
    中古商品
    ¥ 700 より
  • タイトル
    二声上げ音頭
    歌手
    梅津栄
    発売元
    ビクターエンタテインメント
    発売日
    1996年9月04日
    演奏時間
    新品価格
    ¥ 950
    中古商品

DMMメディア

俳優。映画監督。歌手。書家。 舞台芸術学院卒。旧芸名:大津正八 1928年7月5日、生まれ。2016年8月6日、死去。 富山県下新川郡泊町(現在の朝日町)出身。 DualProduction所属。 冷酷無比な極悪人から性格異常犯罪者、果ては男色役までこなす、日本映画界における名脇役。 その強烈な個性は、同じく個性派俳優で名高い中尾彬でさえ、「この人はすごい悪役をやってた人」と言わしめるほどである。 舞台芸術学院卒業後、劇団東俳の研究生となった梅津は、戦後を代表する名優の一人・木村功の付き人を数年務め、1953年、『雲ながるるままに』でデビュー。その後は脇役を中心に映画、テレビドラマで活躍する。 ホームドラマなどにも数多く出演しているが、特に時代劇における悪役と男色役が多く、悪役では迫力ある表情とドスの効いた声で凄み、おネエ役になれば、ナヨナヨした口調と奇抜なコスチュームや登場の仕方で、視聴者に強烈なインパクトを与えた。 特に『必殺仕事人IV』から登場した「広目屋の玉助」は、ひかる一平扮する仕事人・西順之助を追いまわすおネエ役として、当時必殺ブーム真っ盛りだったお茶の間を爆笑の渦に巻き込んだ。 その後も、『豆腐屋直次郎の裏の顔』などでおネエ役を熱演する傍ら、Vシネマにも出演。年齢制限のあるVシネマにも積極的に登場し、1998年の『湯けむり美人 濡れた筆先』では初監督を務めている。 また、CMにも登場。IBMの「e-コマース」のCMで酒蔵の親父役を演じていたのを覚えている方もいらっしゃるだろう。 最近ではバラエティー番組にも進出。75歳にして『踊る!さんま御殿!!』『ダウ …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 富山県
  • オリジナル
  • テレビドラマ
  • ドラマ
  • ネット
  • ビデオ
  • プロ
  • ミヤ
  • ラジオ
  • 下新川郡
  • 俳優
  • 出演
  • 同人
  • 所属
  • 日本
  • 映画
  • 朝日町
  • 番組
  • 舞台
  • うめづ
  • キログラム
  • センチメートル
  • バラエティ
  • ヒト
  • メディア
  • 事務所
  • 出身
  • 晩年
  • 本名
  • 梅津
  • 泊町
  • 芸能