生年月日データベース

野口武彦のぐちたけひこ

文芸評論家[日本]

1937年 6月28日 生 (満81歳)

野口 武彦(のぐち たけひこ、1937年6月28日 - )は、東京出身の文芸評論家、国文学者、神戸大学名誉教授。
1956年東京都立戸山高等学校を経て、1962年早稲田大学第一文学部を卒業。
早大時代は全国学生自治会連絡会議(全自連)のリーダーであった。
その後東京大学文学部卒業、東大大学院博士課程中退。
神戸大学文学部助教授、教授、2002年定年退官、名誉教授。
ハーバード大学客員研究員、プリンストン大学客員教授を務める。
1973年、『谷崎潤一郎論』で亀井勝一郎賞、1980年、『江戸の歴史家』でサントリー学芸賞、1986年、『「源氏物語」を江戸から読む』で芸術選奨文部大臣賞、1992年、『江戸の兵学思想』で和辻哲郎文化賞、2003年、『幕末気分』で読売文学賞受賞。
専攻は近世の儒学だが、31歳で『三島由紀夫の世界』を上梓し、ついで『石川淳論』を出すなど、文芸評論家として華々しく活躍、ついで『洪水の後』など小説を書き、小説の単行本は三冊にのぼる。

関連書籍

のぐち-たけひこ 1937-昭和後期-平成時代の国文学者,文芸評論家。昭和12年6月28日生まれ。早大在学中,学生運動のリーダーとして六○年安保闘争に参加。東大に学士入学,「石川淳論」を発表して注目される。昭和48年「谷崎潤一郎論」で亀井勝一郎賞,61年「「源氏物語」を江戸から読む」で芸術選奨。62年神戸大教授。平成4年「江戸の兵学思想」で和辻哲郎文化賞。15年「幕末気分」で読売文学賞。東京出身。 (引用元 コトバンク)