生年月日データベース

福見友子ふくみともこ

柔道選手[日本]

1985年 6月26日 生 (満34歳)

福見 友子(ふくみ ともこ、1985年6月26日 - )は、茨城県土浦市出身の、日本の柔道家(女子四段)である。
階級は48キロ級。
得意技は背負投、小内刈、寝技。
組み手は左組み。
段位は四段。
血液型はB型。
土浦市立大岩田小学校、土浦市立土浦第六中学校、土浦日本大学高等学校、筑波大学卒業。
筑波大学大学院修了。
了徳寺学園職員。
2歳の時に父と死別、柔道は8歳の時に始めた。
福見の性格を「自分に厳しいが他人に優しく、人見知りが強い」と母は分析している。
2002年 4月、高校2年で出場した、全日本選抜柔道体重別選手権大会48kg級の一回戦で、当時65連勝中、対日本人12年間無敗で、怪我のため9ヶ月のブランク明けだった田村亮子と対戦し、大内刈りで効果を奪って勝利した。
しかしその後、高校生にも敗れるなど一回戦負けが続き『自分の柔道を完全に見失った』と柔道ノートに記している。
後に『自分の実力を超えるような周囲からの期待や評価による重圧に悩んでしまった。
』と語っている。
2007年 4月、北京オリンピックを翌年に控え迎えた全日本選抜柔道体重別選手権大会48kg級の決勝で、出産のため2年ぶりの復帰となった谷亮子と再び対戦し、出足払いで有効を奪って勝利、初優勝を果たした。

関連書籍

2012年ロンドン・オリンピック柔道女子48キロ級の日本代表。1985年6月26日、茨城県土浦市の生まれ。得意技は小内刈り、背負い投げ。その性格を母親は「人見知りだけど負けず嫌い」と評する。 積年のライバル浅見八瑠奈とともに、国際柔道連盟(IJF)世界ランキング首位を争う選手で、オリンピックにどちらが出場しても金メダル確実との呼び声が高かった。しかし、同大会で福見は準決勝戦、3位決定戦ともに敗れメダルを逃した。 8歳の頃から柔道に親しみ、土浦日本大学高校2年だった2002年当時、全日本選抜柔道体重別選手権大会において、12年間121連勝と国内戦無敗を誇っていた「柔(ヤワラ)ちゃん」こと田村亮子(谷亮子)を下し注目を集めた。以降はタイトルから遠ざかったが、筑波大学在籍中、07年に同大会で再び谷亮子を破り初優勝。公式戦で谷亮子を2度破った唯一の選手となる。しかし、全日本柔道連盟により実績を理由として同年の世界選手権代表には選ばれなかった。これにより、08年の北京オリンピック出場の道も実質的に閉ざされることとなり物議をかもした。09年に全日本選抜柔道体重別選手権大会で2度目の優勝、同年オランダで開かれた世界柔道選手権大会に初出場し優勝を飾った。柔道整復師などを育成する学校法人了徳寺学園職員であり、有力な柔道選手を多数擁する同柔道部に所属している(12年現在)。 福見は全日本選抜柔道体重別選手権大会では、08年優勝の山岸絵美とともに歴年優勝を争っている。世界選手権では10、11年に浅見が連覇、福見は準優勝だった。オリンピック代表選考では、浅見が優勢と見られていたが、12年の全日本選抜体重別 …… (引用元 コトバンク)