生年月日データベース

宮里藍みやざとあい

プロゴルファー[日本]

1985年 6月19日 生 (満34歳)

宮里藍 - ウィキペディアより引用

宮里 藍(みやざと あい、1985年6月19日 - )は、日本の女子プロゴルファーである。
愛称は「藍ちゃん」。
サントリー所属。
生い立ち 沖縄県国頭郡東村生まれ。
「藍」の名前の由来は父が辞書で調べると最初の方に出てくる名前でトップがとれるようにという理由とのことである。
宮里家は3人兄弟の家族で、藍は末の妹である。
兄の宮里聖志、宮里優作(同じ誕生日)とともに兄弟3人全員プロゴルファー。
次兄の宮里優作が、仙台市にあるゴルフの名門・東北福祉大学在学中に「日本学生ゴルフ選手権」で3連覇するなど活躍していたこともあり、藍も優作を追う形で沖縄を出て、仙台市にある東北高校に進学した(東北福祉大と東北高校は系列校ではない)。
既に兄の優作の活躍は、在仙台局の夕方ニュース番組のスポーツコーナーで度々紹介されていたが、妹の藍も、高校2年で釜山アジア大会で金メダルを獲得し、アマチュアながら女子プロゴルフトーナメントに参加して、フジサンケイレディスクラシックで優勝争いに加わる(最終順位4位)など、上位に食い込む活躍を始めると「天才兄妹」として紹介されるようになった。

映像作品

関連書籍

みやざと-あい 1985-平成時代の女子プロゴルファー。昭和60年6月19日生まれ。ゴルフ・ティーチングプロの父宮里優の指導で4歳からゴルフをはじめる。アマチュア時代に全国中学ゴルフ選手権大会,全国高校ゴルフ選手権夏季大会,日本ジュニア選手権,日本アマチュアゴルフ選手権などで優勝。平成15年ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントでLPGA(日本女子プロゴルフ協会)ツアー初勝利。同年プロ宣言をして高校生プロとなる。17年日本女子オープンゴルフ選手権競技で公式戦初優勝。平成16年,17年と日本賞金ランキング2位。「藍ちゃん人気」はゴルフ人気復活に大きく貢献する。18年から米国ツアーに本格参戦。21年米国LPGAツアー賞金ランキング3位。サントリー所属。兄の宮里聖志,宮里優作もプロゴルファー。沖縄県出身。東北高卒。 (引用元 コトバンク)