生年月日データベース

庄司薫しょうじかおる

作家[日本]

1937年 4月19日 生 (満81歳)

庄司 薫(しょうじ かおる、1937年4月19日 - )は日本の小説家。
本名福田章二。
三省堂の専務の息子として東京都豊島区東池袋に生まれ育つ。
幼い頃から文学書に親しんで育つ。
太平洋戦争中は埼玉県秩父に疎開していた。
東京都立日比谷高等学校の同級生に塩野七生や古井由吉、尾高修也がいた。
2級上に坂上弘がいた。
高校時代は芸術派の総帥のつもりだった。

高校卒業後、1年間の浪人生活を送る。
1957年に東京大学文科二類(現在の文科三類に相当)に入学。
同年「蝶をちぎった男の話」を東京大学教養学部学友会機関誌『学園』第15号に発表。
東京大学教養学部文学研究会機関誌『駒場文学』第9号(1958年4月)に発表した『白い瑕瑾』を改題改稿した『喪失』にて第3回中央公論新人賞を受賞、同作品が『中央公論』1958年11月号に掲載される。
このとき選考委員の伊藤整と武田泰淳からは絶賛されたが、三島由紀夫から疑念を表明され、江藤淳から評論「新人福田章二を認めない」(『新潮』1959年1月号)で酷評された。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

本名:福田章二。1937年東京都生まれ。日比谷高校、東大法学部卒。 1958年、「喪失」により中央公論新人賞(なお、この作品は東大で やっていた同人誌「駒場文学」に書いた「白い瑕瑾」が元になっている)。 このときは本名で発表している。 1969年、長い沈黙を破り、庄司薫として書いた「赤頭巾ちゃん気をつけて?」 が芥川賞受賞。 著作は他に、 「さよなら怪傑黒頭巾」 「白鳥の歌なんか聞こえない」 「狼なんかこわくない」 「僕の大好きな青髭」 「僕が猫語を話せるわけ」 「バクの飼い主めざして」 がある。ピアニスト中村紘子の夫。 関連 小説家 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • サリンジャー
  • ライ麦
  • 三省堂
  • 修也
  • 古井由吉
  • 坂上弘
  • 埼玉県
  • 塩野七生
  • 太平洋
  • 学校
  • 尾高
  • 戦争
  • 文科
  • 日比谷
  • 東京
  • 東京大学
  • 東京都
  • 東池袋
  • 秩父
  • 著書
  • 豊島区
  • 都立
  • 関係
  • 高校
  • 高等
  • つもり
  • 入学
  • 卒業
  • 同年
  • 同級
  • 専務
  • 息子
  • 文学書
  • 時代
  • 浪人
  • 現在
  • 生活
  • 疎開
  • 相当
  • 総帥
  • 芸術