生年月日データベース

董建華

香港特別行政区初代行政長官[中国]

1937年 7月7日 生 (満81歳)

董建華 - ウィキペディアより引用

董 建華(とう けんか)は、中華人民共和国香港特別行政区の初代行政長官。
父は一代で船会社OOCL(The Orient Overseas Container Line、東方海外貨櫃航運公司)を興した董浩雲。
1947年に一家で香港に移住。
1960年イギリスのリヴァプール大学を卒業。
1969年に香港へ帰国するまでは米国在住。
帰国後はOOCLに入社し、1982年父親の死に伴いその事業を継承する。
1985年に世界的な海運不況に見舞われ、OOCLも経営危機に直面する。
1986年に親中派企業家である霍英東の仲介により、中国資本企業である中国銀行からの融資や招商局(交通部の出先機関、海運業を中心とする企業集団)の支援を得て、危機を脱した。
父の董浩雲は中華民国の国民党政府と親しかったが、これをきっかけに董建華は中華人民共和国の中国共産党政府にも近い立場に立つようになる。
また、パッテン総督の時代には行政局議員も務めた。
そのため、中華人民共和国だけではなく、イギリスや中華民国とも関係のある人物として、後に行政長官候補とされた。

関連書籍

【とうけんか】 香港の政治家。上海出身。1949年父親とともに香港へ移住。英国リバプール大学卒業。1982年に経営が傾きかけていた父親の海運会社東方海外有限公司を引き継ぐ。その立直しに中国からも支援を受け,そのためもあって親中国派とみられている。1996年12月,事実上中国の後押しで,返還後の香港の特別行政区行政最高責任者である行政長官に選出され,1997年7月に就任。任期5年。2002年再選されたが,2005年3月辞任し,後任の曽蔭権が残りの任期を務める。→香港返還 (引用元 コトバンク)

「董建華」と関連する人物