生年月日データベース

柴田亜美しばたあみ

漫画[日本]

1967年 5月24日 生 (満51歳)

柴田 亜美(しばた あみ、1967年5月24日 - )は、日本の漫画家。
血液型はB型。
長崎県生まれ。
父の柴田尚武は脳外科医(後に長崎大学医学部名誉教授)。
母は鍋島藩の大奥の末裔。
化け猫伝説の言い伝えが家に残っていたため、猫を買い与えられることは無かったという。
1969年に父がマサチューセッツ工科大学に研究留学し、それを追う形で1970年に家族で渡米、その後カナダのモントリオールに移り住むものの1972年に帰国。
小学校時代から絵画教室に通っていたが、中学校に入る直前あたりから本格的に漫画を書き始めるようになった。
初めて完成させた作品は『邪鬼郎』というタイトルで、『柴田亜美のほん2』で「12-13歳の頃に初めて描いた漫画」として公開されている。
1982年、長崎県立長崎西高等学校に入学。
この頃には油絵の絵画教室に通い始め、1983年からは学校の長期休暇の際に、美大の予備校(河合塾美術研究所)に通うため上京するようになる。
この時期、音楽雑誌『音楽専科』の似顔絵コーナーで入選を受賞し、翌1984年に同誌の別冊であるロック漫画誌『8ビート・ギャグ』にて漫画を執筆し始め、志摩あつこらと並び人気を得る。

映像作品

関連書籍

漫画家。長崎県出身。長崎県立長崎西高等学校、武蔵野美術大学短期大学部卒業。 リクルートの関連会社でイラストレーターとして働いた後、漫画家デビュー。 最後の力を振り絞って、まじめな少年漫画を書こうとしたところ、その雑誌が廃刊したという悲しき宿命を背負う。よって、ギャグ漫画家のレッテルを張られ続けることとなった。 『南国少年パプワくん』の続編『PAPUWA』の連載開始で、新規ファンの開拓が進んだというよりは、旧作連載当時小中学生だった「ちみっ子」ファンたちが、成人して帰ってきたらしい。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • 活動
  • 関係
  • アシスタント
  • エッセイ
  • エピソード
  • キャラクター
  • テレビ
  • デザイン
  • リスト
  • レポート
  • 交友
  • 作風
  • 保護
  • 出演
  • 創作
  • 嗜好
  • 執筆
  • 家族
  • 概要
  • 漫画
  • 美容
  • 自画像
  • 読切
  • 趣味