生年月日データベース

キリト

ミュージシャン・Pierrot[日本]

1972年 2月24日 生 (満47歳)

キリト(1972年2月24日 - )は、日本のミュージシャン、歌手、作詞家、作曲家。
Angelo及びPIERROTのボーカリスト。
ソロ活動等では、英字で「KIRITO」と表記する事もある。
PIERROT、Angeloを通じて、ほぼ全ての楽曲の作詞を手掛け、作曲も多数手掛ける。
シングルやアルバムを制作する際は、あるコンセプトに基づいて作り上げることが多く、インタビューではその都度コンセプトについて語っている。
PIERROTの前身バンドDizy-Lizy、クラッシュ・アンド・ノイズ時代にはギタリストとしてSHINYA名義で活動し、後にボーカリストに転向。
インディーズ時代からレコーディングではギターやヴァイオリンの演奏・打ち込みも行ってきた。
ステージ上などで振り付けをする様になった経緯として、ギタリストからボーカルに転向した事で手持ち無沙汰だった事や歌詞を伝えたいと思うがあまりに身振り手振りでする様になったとの事。

映像作品

関連書籍

音楽作品

  • タイトル
    「Pierrot Dancin’」(初回限定盤)(DVD付)
    歌手
    GRANRODEO
    発売元
    ランティス
    発売日
    2017年2月08日
    演奏時間
    67分
    新品価格
    ¥ 2,000
    中古商品
    ¥ 965 より
  • タイトル
    HELLO COMPLETE SINGLES AND PV COLLECTION(DVD付)
    歌手
    PIERROT
    発売元
    SWEET-HEART RECORD
    発売日
    2014年10月22日
    演奏時間
    97分
    新品価格
    ¥ 3,946
    中古商品
    ¥ 3,562 より
  • タイトル
    DICTATORS CIRCUS FINAL
    歌手
    PIERROT
    発売元
    SMD itaku (music)
    発売日
    2015年4月01日
    演奏時間
    143分
    新品価格
    ¥ 2,916
    中古商品
    ¥ 2,041 より
  • タイトル
    PRIVATE ENEMY
    歌手
    PIERROT
    発売元
    EMIミュージック・ジャパン
    発売日
    2000年11月22日
    演奏時間
    67分
    新品価格
    中古商品
    ¥ 84 より
  • タイトル
    PIERROT DIR EN GREY ANDROGYNOS Blu-ray【豪華盤】
    歌手
    発売元
    ノーブランド品
    発売日
    演奏時間
    新品価格
    中古商品
    ¥ 18,500 より
  • タイトル
    CELLULOID
    歌手
    Pierrot
    発売元
    BMGビクター
    発売日
    1997年9月03日
    演奏時間
    29分
    新品価格
    ¥ 4,280
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    HILL - 幻覚の雪 - (限定盤)
    歌手
    PIERROT
    発売元
    ユニバーサルJ
    発売日
    2002年12月18日
    演奏時間
    19分
    新品価格
    中古商品
    ¥ 7,630 より
  • タイトル
    TOUR PARADOXICAL GENESIS“ANNIVERSARY”2001.9.23 YOKOHAM ARENA [DVD]
    歌手
    PIERROT
    発売元
    ユニバーサルJ
    発売日
    2003年4月23日
    演奏時間
    74分
    新品価格
    中古商品
    ¥ 2,988 より
  • タイトル
    パンドラの匣
    歌手
    Pierrot
    発売元
    DAIKI
    発売日
    1996年7月27日
    演奏時間
    新品価格
    中古商品
    ¥ 249 より
  • タイトル
    ID ATTACK
    歌手
    PIERROT
    発売元
    ユニバーサルJ
    発売日
    2003年7月23日
    演奏時間
    49分
    新品価格
    ¥ 2,980
    中古商品
    ¥ 1 より

川原礫の小説『ソードアート・オンライン』の登場人物、主人公。アニメでの担当声優は松岡禎丞。 VRMMORPG《ソードアート・オンライン》に囚われた少年。「ベータテスター」と「チーター」を掛け合わせた「ビーター」と揶揄されながらも、アインクラッドの解放を目指すトッププレイヤー集団「攻略組」の一人として、最前線で戦い続けるソロプレイヤー。黒い髪に黒い瞳、さらに黒い服を好んで着用することから《黒の剣士》の別名を持つ。単独行動の多いキリトにとってクラインやエギルは数少ない理解者。アスナとは当初対立していたが、やがて互いに想いを通わせ、システム上の結婚を交わす。ヒースクリフの正体とその思惑を見抜き、デスゲームをクリアしたことで、二つ名の《黒の剣士》は英雄として広まるようになる。 本名は桐ヶ谷和人。ゲームとPC操作技術に長けた少年。《SAO》開始時で14歳、2年後のクリア時点で16歳。生まれて間もなく事故で両親を失い、母の妹夫婦である桐ヶ谷家の養子となる。桐ヶ谷直葉は1歳下の義妹(血縁上は従妹)。10歳の頃に自身の生い立ちを偶然知って以降、他人との距離感が狂い、いつしか仮想世界に安寧を求めるようになった。また、《SAO》の開発者である茅場晶彦に対して強い憧れを抱いていた。しかし、2年間のデスゲームで得た経験や、多くの出会いと別れを経て、成長を遂げていくことになる。 フェアリィ・ダンス編では、デスゲームを攻略して現実世界へと帰還。想い人でもあるアスナのもとに向かうが、アスナこと結城明日奈は目覚めず、デスゲームから帰還していなかった。エギルの情報を手掛か …… (引用元 Hatena Keyword)