生年月日データベース

小平桂一こだいらけいいち

文学者[日本]

1937年 2月20日 生 (満82歳)

小平 桂一(こだいら けいいち、1937年2月20日 - )は、日本の天文学者、理学博士。
専門は恒星物理学、銀河天文学。
英国天文学会・海外フェロー会員。
日本学術振興会ボン研究連絡センター長。
東京府(現・東京都)出身。
少年時代はアマチュアとして天文活動を行っていた。
東京都立日比谷高等学校を経て、東京大学理学部物理学科卒業、キール大学大学院物理学専攻博士課程修了。
東大理学部教授を経て1988年7月国立天文台教授となり、1994年古在由秀の後を継いで国立天文台の2代目台長に就任。
すばる望遠鏡の建設に尽力した。
2000年4月まで国立天文台長を、2007年まで総合研究大学院大学学長を務めた。
妻は、キール大学留学中に知り合ったドイツ人女性。
娘はスポーツキャスター・小平桂子アネット。
川崎市立元住吉小学校5年 初めて東京天文台を見学 中学校  川崎天文同好会入会(箕輪敏行先生の紹介) 1956年 - 都立日比谷高等学校普通科卒業 1956年 - 国立東京大学理科2類入学 1958年 - 東京大学理学部物理学科入学 1960年 - 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻入学 1962年 - 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修士課程卒業 1965年 - 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程卒業(理学博士号) 1965年 - 東京大学助手 1967年 - 東京大学 理学博士 論文の題は「Spectroscopic study of the A-type peculiar star HD221568(A型特異性HD221568の分光学的研究)」。

関連書籍

DMMメディア

「小平桂一」と関連する人物

連想語句
  • 天文学
  • 東京
  • 大学
  • 東京大学
  • アマチュア
  • キール
  • 学校
  • 日本学術振興会
  • 日比谷
  • 東京都
  • 業績
  • 物理
  • 理学部
  • 監修
  • 英国
  • 著書
  • 訳書
  • 都立
  • 高等
  • アルブレヒト
  • クリスティアン
  • センター
  • フェロー
  • ボン
  • 会員
  • 修了
  • 修士
  • 出身
  • 卒業
  • 大学院
  • 天文
  • 学科
  • 専攻
  • 少年
  • 数物
  • 時代
  • 活動
  • 海外
  • 課程
  • 連絡
  • 銀河