生年月日データベース

ミリアム・オットMirjam Ott

カーリング選手[スイス]

1972年 1月27日 生 (満47歳)

ミリアム・オット(Mirjam Ott、1972年1月27日 - )はスイスの女子カーリング選手。
名スキップとして知られ、ソルトレイクシティオリンピック、トリノオリンピック銀メダリスト。
2012年世界選手権優勝。
現在はスイス南東部グラウビュンデン州のフリムスにあるカーリングクラブ、「チーム・フリムス」(TeamFlims) でプレーしている。
ベルンに生まれ、10歳でカーリングをはじめた。
国際的な大試合のデビューは1996年にコペンハーゲンで開催されたヨーロッパ選手権で、初の大舞台でいきなりの優勝を果たした。
2001年のヨーロッパ選手権(フィンランド、ヴィエルメキ)ではサードとして出場し、3位。
2002年ソルトレイクシティオリンピックではスキップのルツィア・エプネーター率いるチームでサードを務め、銀メダルに輝いた。
2004年ヨーロッパ選手権(ブルガリア、ソフィア)、2005年ヨーロッパ選手権(ドイツ、ガルミッシュ=パルテンキルヒェン)、2006年トリノオリンピックではスキップとしてスイスチームを2位に導いたが、いずれも決勝で、アネッテ・ノルベリ率いるスウェーデンの前に苦杯を舐めている。

カーリング競技の選手。 トリノオリンピックカーリング女子のスイス代表のスキップ。 トリノオリンピックで日本代表(チーム青森)の予選通過を阻むラストショットを投じた選手。 冷静な判断で、ショットの精度が非常に高い。 (引用元 Hatena Keyword)

「ミリアム・オット」と関連する人物