生年月日データベース

エウゼビオEusebio da Silva Ferreira

男子サッカー選手[モザンビーク→ポルトガル]

1942年 1月25日 生 (満77歳)

エウゼビオ - ウィキペディアより引用

エウゼビオ・ダ・シルヴァ・フェレイラ(ポルトガル語: Eusébio da Silva Ferreira, 1942年1月25日 - 2014年1月5日)は、ポルトガル領東アフリカ (現:モザンビーク) のロウレンソ・マルケス(現:マプト)出身のサッカー選手。
ポジションはFW。
現役当時、日本のマスコミ等では「オイセビオ」と表記されていた。
これは当時の日本代表コーチのデットマール・クラマーがスペルの「Eusébio」をドイツ語読みで「オイセビオ」と読んだのが由来とされる。
SLベンフィカはエウゼビオの功績を称え、毎年夏にエウゼビオ・カップという親善大会を開催している。
黒豹(The Black Panther)または黒い真珠(The Black Pearl)の愛称で呼ばれた1960年代から1970年代を代表するフォワード。
同時代にプレーしたペレとも並び称された選手で、現役通算727試合に出場し715得点を記録した。
ポルトガル代表通算64試合41得点。
2005年にペドロ・パウレタに抜かれるまで代表最多得点記録だった。

映像作品

Eusebio da Silva Ferreira ポルトガルの元サッカー選手。 1942年1月25日生まれ。ポルトガル領モザンビーク出身。 ポジションはフォワード。現役時代のほとんどをベンフィカで過ごし、数多くのタイトル獲得に貢献した。 1965年にはバロンドールを受賞。 ポルトガル代表としても活躍し、1966年FIFAワールドカップでは9得点を挙げ得点王に輝いた。 (引用元 Hatena Keyword)