生年月日データベース

河野洋平こうのようへい

政治屋[日本]

1937年 1月15日 生 (満82歳)

河野洋平 - ウィキペディアより引用

河野 洋平(こうの ようへい、1937年〈昭和12年〉1月15日 - )は、日本の政治家。
衆議院議員(14期)、衆議院議長(第71・72代)、副総理(村山内閣・村山改造内閣)、外務大臣(第122・127・128・129・130代)、内閣官房長官(第55代)、科学技術庁長官(第39代)、自由民主党総裁(第16代)、新自由クラブ代表(第1・3代)を歴任。
2003年(平成15年)から2009年(平成21年)まで日本憲政史上最長の期間にわたって衆議院議長を務めた。
副総理格国務大臣、農林水産大臣等を務めた党人派の実力者だった元衆議院議員の河野一郎は父。
元参議院議長の河野謙三は叔父。
衆議院議員の河野太郎は長男。
従軍慰安婦について述べたいわゆる「河野談話」を発表したことで知られる。
来歴・人物 生い立ち 1955年(昭和30年)、早稲田大学高等学院を卒業し、早稲田大学政治経済学部経済学科に入学(同級生に福田康夫)。

関連書籍

政治家・前 衆議院議長(2009年7月現在)。 郵政民営化法案採決の際は議長なので参加していない。現在のところ、自民党総裁歴任者の中で唯一内閣総理大臣職を務めてない。 かねてより、衆議院の解散*1後の選挙には「立候補せず引退する」と表明している。 長男に自民党衆議院議員河野太郎。父は河野一郎元衆議院議員。叔父に河野謙三元参議院議長。 自民党内の派閥 宏池会より離脱して1999年(平成11年)1月、河野グループを率い、そのご、麻生太郎へと継承させる。 衆議院議長は慣例により無派閥。 しばしば中国寄りの発言をすることから、本名の読みをもじって「紅の傭兵」(紅=中国の国旗)と揶揄される事もある。また、官房長官時代にいわゆる「河野談話」を発表したことでも有名。 (引用元 Hatena Keyword)