生年月日データベース

塚原直貴つかはらなおき

陸上短距離選手[日本]

1985年 5月10日 生 (満33歳)

塚原直貴 - ウィキペディアより引用

塚原 直貴(つかはら なおき、1985年5月10日 - )は日本の陸上競技選手で、専門は短距離。
長野県岡谷市出身。
東海大学付属第三高等学校、東海大学を経て2008年富士通に入社。
富士通陸上競技部所属。
2003年のインターハイでは100mと200mでの2冠を達成した。
2006年の関東インカレでは高平慎士と争い、100m・200m共に同タイム着差ありの2位となる。
また、その年の日本選手権100mでは優勝し、2008年まで3連覇を達成した。
2009年の日本選手権は準決勝での怪我のために決勝は棄権し、4連覇は逃した。
第15回アジア競技大会(カタール・ドーハ)では男子100mで銀メダル、男子4×100mリレーでも銀メダルを獲得した。
2007年大阪世界選手権日本代表、2008年北京オリンピック日本代表に選出される。
2007年、初めて出場した世界選手権は100m1次予選を10秒20(-0.1)の自己ベストで通過するも、2次予選では10秒31(-0.3)とタイムを落とし、準決勝に進出できる組4着と0秒01差の組5着に終わった。

関連書籍

陸上競技(短距離)選手。 1985年5月10日生まれ。長野県出身。 東海大学付属第三高等学校、東海大学卒業。2008年富士通に入社。 東海大三高時代、2003年のインターハイ男子100m・200mで二冠達成。 末續慎吾と同じ東海大学に進み、高野進の指導を受け記録を伸ばす。 自己ベストは100m 10秒09、200m 20秒35(2010年6月現在)。 2007年・2009年世界陸上競技選手権大会、2008年北京オリンピックの日本代表。 北京オリンピックでは、男子4×100mリレーで第一走者を務め、見事銅メダルを獲得した(1走:塚原直貴、2走:末續慎吾、3走:高平慎士、4走:朝原宣治)。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 東海大学
  • 学校
  • 富士通
  • 高等
  • エピソード
  • 付属
  • 岡谷市
  • 慎士
  • 成績
  • 競走
  • 記録
  • 長野県
  • 関東
  • 陸上競技
  • 高平
  • インカレ
  • インターハイ
  • タイム
  • 体育大会
  • 入社
  • 全国
  • 出身
  • 大会
  • 学生
  • 対校
  • 平成
  • 所属
  • 着差
  • 総合
  • 諏訪
  • 達成
  • 選手権