生年月日データベース

上田敏うえだびん

文学者評論家翻訳家[日本]

1874年 10月30日

1916年 7月9日 死去享年43歳
上田敏 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

■ 音楽作品

うえだびん [生]1874.10.30.東京[没]1916.7.9.東京詩人,評論家,英文学者。父絅二(けいじ)は幕末の儒者乙骨耐軒(おつこつたいけん)の次男。1889年第一高等学校に入学,『文学界』同人に参加,94年東京大学英文科に進み,『帝国文学』の創刊に参画,創刊号からフランス象徴詩などの海外文学の紹介を精力的に続けた。97年東大卒業。東京高等師範教授,東大講師などを歴任,かたわら『明星』や『芸文』(のち『万年艸』),『芸苑』などの雑誌に西洋文学の翻訳や芸術のあらゆる分野にわたる評論を発表,親交のあった森鴎外とともに耽美主義思潮の有力な指導理論家と目された。特にフランスの高踏詩,象徴詩の翻訳をまとめた『海潮音』は詩壇に大きな影響を与えた。1907~08年アメリカ,フランスなどを訪れ,09年京都大学教授。鴎外とともに『三田文学』『スバル』の顧問として活躍,小説『うづまき』(1910)は自己の分身である主人公を通じて,幼時の回想や人生観,芸術観を語った長編で,耽美主義理論の具体化として注目された。著書『文芸論集』(01),美文集『みをつくし』(01),訳詩集『牧羊神』(20)など。『上田敏全集』(9巻,31),『定本上田敏全集』(10巻,81)がある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 文学
  • 詩人
  • あなた
  • 上田
  • 日本
  • 海潮音
  • さい
  • カール
  • ドイツ
  • フランス
  • ブッセ
  • プロヴァンス
  • ベルギー
  • ポール
  • ヴェルレーヌ
  • 官吏
  • 幕府
  • 明治
  • 書院
  • 本郷
  • 柳村
  • 江戸
  • 翻訳家
  • 評論家
  • 象徴
  • 高踏
  • うえ
  • けいじ
  • ためいき
  • りゅうそん
  • われ
  • オロン
  • ヴァイオリン
  • 刊行
  • 名義
  • 名訳
  • 執筆
  • 活動
  • 現在
  • 紹介
  • 落葉
  • 訳詩
  • 詩集
  • 遠く