生年月日データベース

安英学An Yong-Hak

男子サッカー選手[日本]

1978年 10月25日 生 (満40歳)

安英学 - ウィキペディアより引用

安 英学(アン・ヨンハ、안영학、1978年10月25日 - )は、岡山県倉敷市出身の朝鮮籍のプロサッカー選手。
北朝鮮代表選手。
既婚。
一般的な朝鮮語のカナ転写法に従った場合、名前のカナ表記は「アン・ヨンハク」となるが、Jリーグにおいては、2002年から2005年までは「アン・ヨンハッ」、海外移籍を挟んで2010年以降は「アン・ヨンハ」の表記で選手登録がされている。
5歳まで倉敷で育つ。
在日朝鮮人3世だが、祖父は韓国全羅南道光陽出身。
東京朝鮮中高級学校高級部から立正大学へ進学。
在学中に1年先輩にあたる新井健二をチェックしていたアルビレックス新潟のスタッフに見出され、2002年に新潟に入団。
新潟ではミッドフィルダーとして活躍し、2003年のJ2優勝・J1昇格に貢献した。
昇格後の2004年もチームの主力選手としてプレーし、2005年から名古屋グランパスへ移籍した。
2006年、韓国・Kリーグの釜山アイパークへ完全移籍。
選手として朝鮮籍のままでKリーグでプレーをするのは異例のことであった。
2007年9月22日、リーグの対城南一和戦で相手DFと接触した際、安の下腹部に相手の肘が直撃し、腎臓の1/3を損傷する怪我で戦線を離れる。

関連書籍

アン・ヨンハ サッカー選手。ポジションはミッドフィルダー(ディフェンシブハーフ)。 1978年10月25日生まれ。身長182cm、体重75kg。 岡山県生まれの在日朝鮮人で、北朝鮮のフル代表。2010年FIFAワールドカップ北朝鮮代表。 Jリーグの登録制度が定める「外国籍扱いしない選手の登録」に該当し、他に外国人選手が3人、アジア人選手が1人いても同時に試合出場ができる。 (引用元 Hatena Keyword)

「安英学」と関連する人物