生年月日データベース

林家木久扇はやしやきくおう

落語家・初代[日本]

(旧芸名・林家木久蔵)

1937年 10月19日 生 (満81歳)

林家 木久扇(はやしや きくおう、1937年(昭和12年)10月19日 - )は、落語家・漫画家・画家。
旧名は初代林家木久蔵(はやしや きくぞう)。
本名豊田 洋(とよた ひろし)。
血液型A型。
出囃子は『宮さん宮さん』。
定紋は、林家彦六一門の定紋である『光琳の蔭蔦』。
愛称は木久ちゃん。
来歴・人物 太平洋戦争による使用人の出征、東京大空襲による店の全焼など被害に巻き込まれ、家族が離散、小学4年生の時から新聞配達をして家計を支えた。
自分を支える経済、お金の入ってくる道を発見工夫して上昇していくことが大切で、「金はあるに越したことはない」という考えを持つに至る。
そのためか貧乏を嫌い、終生長屋暮らしだった師匠彦六を「清貧に甘んじ人情に厚い人」と評する一方で「噺家は貧乏でもいいという姿勢」を欠点とし、「噺の中に出てくる人物と同色の暮らし向きをして、若手落語家たちにあれが老成大家の未来像なんだと植えつけてしまった(例として、落語会のギャラを自分の分だけでなく、弟子達の分まで半分相手に返してしまう行動など)」と記している。

映像作品

関連書籍

音楽作品

林家木久扇(本名:豊田洋)は、日本の落語家。トヨタアート所属。 1937年10月19日生まれ。 漫画家・清水崑の書生を経て、三代目桂三木助に入門。桂木久男を名乗る。 三木助没後、八代目林家正蔵(林家彦六)の弟子となり、林家木久蔵となる。 長男(前座名:林家きくお)の真打昇進に合わせ木久蔵を禅譲し木久扇を襲名。 現高座名は2006年10月19日、一般公募で決定すると発表。笑点で公募を行い2007年4月に決まった。 笑点・大喜利のレギュラー(黄色)。解答がワンパターン化しているため、しばしば観客に先に答を言われるというキャラクター。 副業としてラーメン店も出している。バルセロナにも支店がある。美人画・風景画も嗜む。 2014年7月初旬からのどに違和感があり、精密検査を受けたところ、初期の喉頭がんと診断されたため、約1カ月半の間、放射線治療を受けることになり、休養することになった。 (引用元 Hatena Keyword)