生年月日データベース

川田将雅かわだゆうが

競馬騎手[日本]

1985年 10月15日 生 (満33歳)

川田将雅 - ウィキペディアより引用

川田 将雅(かわだ ゆうが、1985年10月15日 - )は日本中央競馬会 (JRA) 所属の騎手。
曾祖父(川田若弥)が佐賀競馬場所属の騎手で、祖父(川田利美)・父(孝好は佐賀競馬場の現役)・伯父(宮浦正行は大井競馬場の現役)が調教師という競馬一族に生まれる。
同じくJRA所属の鮫島良太騎手とは、幼稚園時代から先輩後輩の関係。
妻は元タレントのおおつか麗衣。
2004年3月7日、栗東・安田隆行厩舎所属の騎手として中京競馬第2競走のシュアリーゴールドでデビューし、15頭立ての5着に入る。
初勝利は3月20日、阪神競馬第8競走のホーマンルーキー。
1年目は16勝で終わるが人気薄の3着が多く、その頃からも穴騎手として注目されていた。
とりわけ500万円以下クラスの3着率が高く、1年目の3着17回のうち12回は500万円以下クラスでのものであった。
2005年は成績を大きく伸ばし、39勝を挙げた。
しかし特別競走での勝利は前年のゲヴァルトの甲東特別とエイシンヘーベの大濠特別の2勝のみで、依然として穴騎手という印象が強かった。

関連書籍

JRA騎手。1985年10月15日 佐賀県出身。 2004年デビュー。 安田隆行厩舎所属から2006年1月1日付でフリーに。 2006年2月4日、第40回小倉大賞典で11番人気のメジロマイヤーに騎乗し重賞初制覇。 これからが楽しみな栗東の若手騎手の一人である。 父は佐賀競馬の川田孝好調教師。 鮫島良太騎手とは幼稚園の頃からの先輩後輩の仲。 初騎乗:2004年3月7日 中京2Rシュアリーゴールド(5着) 初勝利:2004年3月20日 阪神8Rホーマンルーキー(4戦目) (引用元 Hatena Keyword)