生年月日データベース

藤井猛ふじいたけし

将棋棋士[日本]

1970年 9月29日

藤井 猛(ふじい たけし、1970年9月29日 - )は、将棋棋士。
西村一義九段門下。
棋士番号は198。
群馬県沼田市出身。
日本将棋連盟非常勤理事(2012年6月-)。
戦績 将棋のルールを覚えたのが小学校4年の頃、将棋の面白さがわかったのが小6 - 中1の頃(本人談)という遅さ。
奨励会試験で一度落ちたが、研修会から編入し、1986年に奨励会に入会した。
入会後5年をかけ1991年に四段に昇段(プロ入り)。
いわゆる「羽生世代」の一人であるが、羽生善治、佐藤康光、森内俊之、郷田真隆、村山聖といった早熟の棋士達(「チャイルドブランド」と呼ばれた)とは異なり、丸山忠久と共にやや遅れて台頭してきたグループに属する。
1995年12月22日、第54期B級2組順位戦の対井上慶太戦で、対居飛車穴熊の「藤井システム」を初披露し、僅か47手で井上を投了に追い込んだ。
1996年度の第27回新人王戦で優勝。
同棋戦では、翌1997年度(第28回)、および、竜王在位時の1999年度(第30回)でも優勝。
さらには、1997年に第16回早指し新鋭戦で優勝し、若手棋士参加棋戦で4度の優勝を果たす。

■ 映像作品

■ 関連書籍

将棋棋士。九段。 竜王戦は1組、順位戦はA級に所属。 1970年生まれ。群馬県沼田市出身。 1986年に6級で西村一義九段に入門。 1991年4月に四段に昇段し、プロ入りとなる。 2000年10月、九段。 第11期竜王戦(1998年)で、当時の谷川浩司竜王を4勝0敗で竜王位奪取。 その後、鈴木大介六段(当時)を4勝0敗で、羽生善治四冠の挑戦を4勝3敗で退けた。 次の第14期竜王戦では、羽生善治四冠に1勝4敗で竜王位を奪われた。 また、藤井システムの創始者としても有名(1996年に升田幸三賞を受賞)。現在、四間飛車のスペシャリストとして、各棋戦で活躍中。 「四間飛車の急所」シリーズ(浅川書房)や「四間飛車を指しこなす本1・2・3」(河出書房新社)、「藤井システム」(MYCOM)など著書多数。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 将棋
  • システム
  • 優勝
  • 在籍
  • 時代
  • 藤井
  • 棋士
  • クラス
  • タイトル
  • 一般
  • 修行
  • 大賞
  • 履歴
  • 成績
  • 戦績
  • 日本
  • 昇段
  • 棋戦
  • 棋風
  • 沼田市
  • 活躍
  • 獲得
  • 王位
  • 王座
  • 番号
  • 発明
  • 竜王
  • 群馬県
  • 西村一義
  • 連盟
  • 連続
  • 連覇
  • 銀河
  • 降級
  • 出身
  • 理事
  • 門下
  • 非常勤