生年月日データベース

岡田武史おかだたけし

男子サッカー選手、監督[日本]

1956年 8月25日

岡田武史 - ウィキペディアより引用

岡田 武史(おかだ たけし、1956年8月25日 - )は日本の元サッカー選手、サッカー指導者。
現在はFC今治運営会社「株式会社今治.夢スポーツ」代表取締役、日本エンタープライズの社外取締役、城西国際大学特任教授、日本サッカー協会副会長。
選手時代のポジションはディフェンダー(センターバック)。
古河電気工業サッカー部(現・ジェフユナイテッド千葉)でプレーし、サッカー日本代表として国際Aマッチ24試合に出場。
現役引退後は指導者の道に進み、サッカー日本代表のコーチを務めていた1997年、加茂周の更迭に伴って監督に昇格。
日本代表を初のFIFAワールドカップ出場に導き、1998 FIFAワールドカップ本大会でも指揮を執った。
2007年から再び日本代表の監督を務め、2010 FIFAワールドカップでベスト16。
クラブチームではコンサドーレ札幌、横浜F・マリノス、中国の杭州緑城の監督を歴任した。
横浜FMでは2003年、2004年とJ1リーグ連続優勝を果たした。
「岡ちゃん」の愛称で知られる。
眼鏡がトレードマークで、現役時代には眼鏡を外さずプレーしていたこともある(但し、現在一般に公開されている現役時代の写真等では眼鏡を外しているものも少なくない)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

おかだ-たけし 1956-昭和後期-平成時代のプロサッカー選手,監督。昭和31年8月25日生まれ。天王寺高3年のときユース代表にえらばれる。早大をへて,古河電工にはいり,頭脳的なDFとして活躍。国際Aマッチ24試合。平成4年ドイツにコーチ留学,翌年ジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド市原・千葉)のコーチに就任。6年サッカー日本代表コーチとなり,9年には成績不振で更迭された加茂周のあとの監督となり,日本初のFIFAワールドカップ(フランス大会)本選出場をはたす。10年コンサドーレ札幌の監督となり,12年には同チームをJ2優勝・J1昇格にみちびいた。15年横浜F・マリノス監督に就任して1stステージ・2ndステージを制し完全優勝,翌16年も同チームを年間優勝させる。19年日本サッカー協会特任理事。同年イビチャ・オシム監督の急病で9年ぶりに日本代表監督に就任し,22年W杯南アフリカ大会でグループリーグを勝ち抜きベスト16にみちびいた。23年中国スーパーリーグの杭州緑城の監督に就任。大阪府出身。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 代表
  • ワールドカップ
  • 日本
  • サッカー
  • 取締役
  • コンサドーレ札幌
  • サッカー部
  • ディフェンダー
  • マッチ
  • マリノス
  • 出場
  • 加茂周
  • 千葉
  • 古河電気工業
  • 国際
  • 城西国際大学
  • 日本エンタープライズ
  • 日本サッカー協会
  • 杭州
  • 横浜
  • 監督
  • 社外
  • 緑城
  • クラブ
  • コーチ
  • ジェフユナイテッド
  • ジェフユナイテッド市原
  • スポーツ
  • センター
  • チーム
  • バック
  • プレー
  • ベスト
  • ポジション
  • 中国
  • 倶楽部
  • 参与
  • 名誉
  • 引退
  • 役員
  • 指導者
  • 指揮
  • 教授
  • 昇格
  • 時代
  • 更迭
  • 本大会
  • 特任
  • 現役
  • 足球
  • 選手