誕生日データベース

長野まゆみながのまゆみ

作家[日本]

1959年 8月13日

長野 まゆみ(ながの まゆみ、1959年8月13日 - )は、東京都出身の小説家。
1982年、女子美術大学芸術学部産業デザイン科デザイン専攻卒業。
作風 宮沢賢治と稲垣足穂の濃厚な影響下で創作活動を開始。
初期作品は兄弟や親友同士の友情や精神的な絆を描いたものが多く描いた。
耽美的な作風で、鉱石、機械、幻想世界だけに存在する美少年といったモチーフを繰り返し使用し、SF・ファンタジーに分類される幻想小説や、児童文学などを手がけた。
旧字体を多く用いた、流麗な文章を特徴とする。
近年は、男性同士の恋愛模様(時には異性間の恋愛模様や性的描写があるものも)や、兄弟や親友から“親族”という広い関係性を描き、現実的な“人々の生活”を色濃く描いた作品を出しており、作者の創作に対する意識の変遷が見られる。
活動 有限会社 耳猫風信社設立。
(設立年月日不明) 同名の作品を光文社から1994年に刊行しており、社名はこの作品名に由来する。
社長に自身は就かず、長野が鉱石愛好家であることから、鉱石や耳猫風信社謹製品の店舗販売や即売会、またファンクラブの後援をする目的で設立された。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    かけぶとん
    歌手
    発売元
    インディペンデントレーベル
    発売日
    2001年11月25日
    新品価格
    ¥ 12,800 より
    中古商品
    ¥ 4,980 より

作家。 1959年東京生まれ。女子美術大学卒業。 1988年『少年アリス』で第25回文藝賞受賞。 代表作『天体議会』『テレヴィジョン・シティ』『新世界』。 初期の少年たちの友情をテーマにしたメルヘン調の作品から、 中期の肉体と精神のアイデンティティーを追究したSF風の作品、 近年の同性の恋愛を軸とした現代小説までその作風は幅広い。 10代の少年たちを主な登場人物とし、小道具や設定に趣向を 凝らす耽美的な作風が、10代の少女たちを中心に支持されている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作風
  • 作品
  • 少年
  • すき
  • アンソロジー
  • シリーズ
  • 受賞
  • 学部
  • 文庫
  • 活動
  • 福本
  • 稲垣足穂
  • 竹宮惠子
  • 翻訳
  • 芸術
  • 萩尾望都
  • 随筆
  • イラストレーター
  • デザイン
  • デザイン科
  • 世界
  • 卒業
  • 大学
  • 女子美術大学
  • 専攻
  • 小学
  • 少女漫画
  • 幻想文学
  • 産業
  • 自作
  • 衝撃
  • 表紙
  • 要素