誕生日データベース

センサク・ムアンスリンSaensak Muangsurin

プロボクシング選手[タイ]

1950年 8月13日

センサク・ムアンスリン(泰: แสนศักดิ์ เมืองสุรินทร์、英: Saensak Muangsurin、男性、1951年8月13日 - 2009年4月16日)は、タイの元プロボクサー。
本名はブンソン・マンシリ (Boonsong Mansri)。
ボクシング史上最短となる3戦目で世界王座奪取という記録を持つ。
元WBC世界スーパーライト級王者。
ムエタイ選手としてキャリアを歩み始め、ルンピニー・スタジアムのスーパーライト級チャンピオンとなる。
アマチュアボクシングでは1973年の東南アジア競技大会で金メダルを獲得。
プロボクシングデビューは1974年、当時のマネージャーが3戦で世界を獲ることを宣言し、いきなり世界6位のルディ・バロを1回KOに破る。
2戦目で日本の強豪ライオン古山を7回KO。
そしてペリコ・フェルナンデスを8回KOで下し、公言どおりプロ転向からわずか3試合で世界タイトルを獲得した。
その後、来日しライオン古山を相手に王座防衛。
スペインでミゲル・ベラスケスを挑戦者に2度目の防衛戦を行うが、ダウンを奪うなど一方的にリードしながらも4回終了間際のラッシュ中にゴングが鳴り、その直後ダウンしたベラスケスが立ち上がらず反則負けで防衛失敗。
連想語句
ボクシングムエタイ世界来歴スーパーライト級スタジアムタイプロボクサールンピニー信頼出典情報提示編集記述評議会選手アマチュアエピソードキャリアクリックシリチャンピオンブンソンマンリンク前歴史上外部奪取戦績最短本名王国王座王者男子目次記録関連項目

↑ PAGE TOP