誕生日データベース

児玉光雄こだまみつお

スポーツ心理学者[日本]

1947年 8月13日

児玉 光雄(こだま みつお、1947年8月13日 - )は日本のスポーツ心理学者、追手門学院大学客員教授、前鹿屋体育大学教授。
専門分野はテニス方法学、臨床スポーツ心理学。
特にスポーツの天才の思考・行動パターン分析のエキスパートで知られる。
兵庫県出身。
1971年、京都大学工学部金属加工科卒。
大学時代はテニスプレーヤーとして、4年生の時に全日本学生選手権でベスト8になり、準々決勝で当時の学生ナンバー1の元デビスカップ代表選手・平井健一に敗れている。
その試合を機に、平井とは親交を深めることになる。
また、4年生の時、テニスの大阪毎日選手権で当時の日本ナンバー1だったプレーヤー小林功に勝利するという大番狂わせを演じた。
1970年~1974年、全日本選手権にも出場。
1971年より住友電気工業研究開発本部に10年間勤務。
1976年~1978年に企業派遣で米カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院に留学。
工学修士号取得。
1981年独立。
アメリカオリンピック委員会のスポーツ科学部門本部にて客員研究員としてスポーツ科学のデータ分析に従事。

■ 関連書籍

連想語句
  • テニス
  • 選手権
  • 全日本
  • 平井
  • スポーツ
  • テレビ
  • デビスカップ
  • ナンバー
  • プレーヤー
  • 京都大学
  • 住友電気工業
  • 健一
  • 兵庫県
  • 出演
  • 学生
  • 小林
  • 当時
  • 落語
  • 著作
  • 講演
  • エキスパート
  • パターン
  • ベスト
  • 代表
  • 出場
  • 出身
  • 分析
  • 分野
  • 加工
  • 勝利
  • 大学
  • 大番狂わせ
  • 大阪
  • 天才
  • 工学部
  • 心理学
  • 思考
  • 日本
  • 時代
  • 本部
  • 毎日
  • 法学
  • 準々決勝
  • 臨床
  • 行動
  • 親交
  • 試合
  • 選手
  • 金属
  • 開発