生年月日データベース

佐野浅夫さのあさお

俳優[日本]

1925年 8月13日

佐野 浅夫(さの あさお、1925年8月13日 - )は、日本の俳優・童話作家・実業家。
神奈川県横浜市、現在の保土ケ谷区出身。
アクターズ・セブン所属。
身長168cm。
神奈川県立横浜第三中学校卒業。
来歴・人物 実家は相模鉄道天王町駅近くの青果商(現在、横浜市中央卸売市場にて仲買業者の社長として自身が勤めている)。
同期生には松山善三がいる。
日本大学芸術学部在学中の1943年、劇団苦楽座に入団。
1945年3月本土決戦に備える特攻隊に応召。
苦楽座は巡業中の広島市で原爆投下により壊滅した。
戦後、劇団民藝の結成に参加し、多くの舞台に出演するが、1971年に民藝内部で対立が起こり、下條正巳・鈴木瑞穂・佐々木すみ江らと共に退団する。
NHKラジオでの『お話でてこい』では、童話の朗読役として4000回を超える放送をこなした。
役者としては、1993年からの『水戸黄門』にて3代目水戸光圀役として活躍したことで特に知られる(初代東野英治郎・2代目西村晃とは一味違い、庶民的で優しく慈悲深い泣き虫黄門様として親しまれた)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

芸名佐野浅夫 性別男性 生年月日1925/08/13 星座しし座 干支丑年 出身地神奈川県 身長164cm 体重55kg 職種タレント・俳優・女優/話す仕事/文化人 プロフィール日本大学芸術学部在学中に劇団苦楽座に入団し、劇団文芸劇場、新協劇団を経て、劇団民芸の再建に関わる。舞台・ラジオ・映画・TVと幅広く活躍。1993年~2000年までの7年間(第22部~第28部)、TBSの人気時代劇『水戸黄門』の3代目水戸光圀役を演じる。その他の主な出演作品に、映画『男はつらいよ』、NHK『大河ドラマ「天と地と」』、CM『武田薬品工業』など。 代表作品TBS『水戸黄門』水戸光圀役/NHKラジオ『お話でてこい』/テレビ朝日『忠臣蔵』堀部弥兵衛役 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • テレビドラマ
  • ナレーション
  • バラエティ
  • ラジオ
  • 保土ケ谷区
  • 天王町
  • 映画
  • 横浜
  • 横浜市
  • 現在
  • 相模鉄道
  • 県立
  • 神奈川
  • 神奈川県
  • 著書
  • アクターズ
  • セブン
  • 中学校
  • 作品
  • 出演
  • 出演作
  • 出身
  • 卒業
  • 学校
  • 実家
  • 所属
  • 緑ヶ丘
  • 近く
  • 青果
  • 高等