誕生日データベース

マカリオス3世Makarios III

宗教家政治家[キプロス]

1913年 8月13日

マカリオス3世 - ウィキペディアより引用
マカリオス3世(まかりおす3せい, Makarios III, Αρχιεπίσκοπος Μακάριος Γ, 1913年8月13日 - 1977年8月3日)は、キプロスの政治家・宗教家。
キプロス共和国大統領・キプロス正教会首座主教(大主教)。
本名ミハイル・クリストドゥル・ムスコス(Mihalis Christodoulou Mouskos, Μιχαήλ Χριστοδούλου Μούσκος)。
キプロス正教会はギリシャ正教会同様、コンスタンディヌーポリ全地総主教から独立した独立教会である。
オスマン帝国領キプロス島西部・パフォス地区の小さな村で生まれた。
13歳で修道院入りし、1942年にアテネ大学を卒業。
戦後ボストン大学に留学し、ラルナカの主教に叙せられる。
1950年9月18日にキプロス正教会大主教に選ばれるが、その頃からイギリスによるキプロス統治への反発とギリシャへの併合を求めるエノシス運動が活発化。
更に強硬派はEOKA(キプロス戦士民族機構)を結成し、ゲオルギオス・グリバス指導下の下で武装闘争を繰り広げていく。
連想語句
キプロス正教会主教ギリシャ大学イギリスページ大主教存在独立アテネエノコンスシスタンディナカヌーパフォスボストンポリラル修道院共和国地区大統領宗教家政治家首座キプロス島クリストドゥルコスミハイルムス併合全地卒業反発同様強硬派戦士戦後教会本名機構民族活発留学結成統治西部運動

↑ PAGE TOP