誕生日データベース

アンデルス・オングストロームAnders Jonas Angstrom

物理学者[スウェーデン]

1814年 8月13日

アンデルス・オングストローム(Anders Jonas Ångström [ˈan.ˈdəʂ ˈjuː.ˈnas ˈɔŋ.ˈstrøm]、1814年8月13日-1874年6月21日)はスウェーデンの天文学者、物理学者である。
分光学に基礎を築いた一人である。
長さの単位オングストローム(1オングストローム=1×10-10m)に名前を残している。
ウプサラ大学で1839年に物理学の学位を得た後、1842年にストックホルム天文台で学んだ後ウプサラ天文台の職員になった。
地磁気を研究しスウェーデン各地の地磁気の強さと磁気偏角などの研究を行った。
1858年アドルフ・スヴァンベルク(スヴァンベリ、Adolf Ferdinand Svanberg)の後をついでウプサラ大学の物理学の教授になった。
かれの重要な業績は熱の伝導の分野と分光学の分野でなされた。
1853年に放電管からの光のスペクトルが電極の金属と、放電経路の気体成分によるものがあることを示した。
1872年ランフォード・メダルを受賞した。
1867年オングストロームはオーロラの光を分析した。
連想語句
ウプサラオーロラ天文台学者オングストロームスウェーデン地磁気大学物理学ことアドルフストックホルムスペクトルスヴァンフォードベルクメダルラン分光学分野天文太陽教授物理研究金属かれものスヴァンベリページ一人伝導偏角分析単位受賞各地名前基礎存在学位成分放電放電管業績気体発見磁気経路職員重要電極

↑ PAGE TOP