生年月日データベース

ハーバート・フーバーHerbert Clark Hoover

アメリカ合衆国第31代大統領[アメリカ]

1874年 8月10日

ハーバート・フーバー - ウィキペディアより引用

『ハーバート・フーヴァー』より : ハーバート・クラーク・フーヴァー(Herbert Clark Hoover, 1874年8月10日 - 1964年10月20日)は、アメリカ合衆国の第31代大統領。
左利き。
生涯 生い立ち フーヴァーはアイオワ州ウェストブランチでクエーカー信者の一家に生まれた。
だが彼の親の死後オレゴン州ニューバーグに転居した。
1885年の夏、フーヴァーは11歳のときに、ハンナおばさんの手製のごちそうの入ったバスケットを持ち、2枚の10セント硬貨を衣服に縫い込み、ユニオン・パシフィックの列車に乗って西のオレゴン州へ向かった。
アメリカ大陸の反対側で彼を待ったのはおじの医者であり教育長のジョン・ミンソーンだった。
後にフーヴァーは彼を「表面上は厳しいが、全てのクエーカー信者同様に底では親切だった」と回想した。
フーヴァーはオレゴンでの6年間で独立独行を覚えた。
フーヴァーいわく「私の少年時代の希望は誰の支援もなしでいかなる場所でも自分の生計を立てることだった」。
おじのオレゴン・ランド・カンパニーの使い走りとして、彼は簿記とタイピングをマスターし、夜にはビジネススクールに通った。

■ 映像作品

■ 関連書籍

Herbert Clark Hoover (1874年8月10日 - 1964年10月20日) 第31代アメリカ合衆国大統領。 アイオワ州の出身。スタンフォード大学の一期生。鉱山経営に才を発揮、事業家として成功する。 1919年、スタンフォード大学に「フーヴァー研究所」を創設した。 1920年代にはウオレン・G・ハーディングとカルビン・クーリッジの二代の大統領に商務長官として仕え、政権内に重きをなした。 唐突とも言えるクーリッジの不出馬表明後に大統領候補となり、1928年の選挙でも「永遠の繁栄」と言われる好況を背景に圧勝した。 1929年に大統領就任。1929年10月24日に世界大恐慌が発生。世界規模に拡大した不況への対策は困難を極め、有効な成果の得られぬまま、政権を1期で明け渡すことになる。 1933年に大統領退任。 その後も長生きしたフーヴァーは、ヒトラーと会見したり、ハリー・S・トルーマン大統領の依頼によってヨーロッパを視察したり、政府改革のための委員会の長とされたりなど、いろいろと政治的な活動を行い一定の成果を上げた。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 大統領
  • アメリカ
  • スタンフォード
  • フィート
  • 世界
  • 内閣
  • 卒業
  • 合衆国
  • 商務
  • 大学
  • 戦後
  • 政治家
  • 死去
  • 生涯
  • 能力
  • 著作
  • 評価
  • 長官
  • 関連
  • 技術者
  • 歴任
  • 鉱山